チェロとセミリタイア生活

趣味のチェロとか お気に入りとか日々の発見とかアラ還女の視線でお届けします

生花とコロナと潤いと

買い物帰りに、花屋さん寄って、食卓に花を飾るのが習慣です。

ということに、ずっと憧れていました。(笑)

でも、全く出来なくて(笑)

花屋さんの前で花を眺めるものの、
高いなあ と思い
だからと言って一本だけ買うのも気が引けて。
「また今度」
とひとりつぶやき帰る日々。

庭やベランダで花を育てる方も多いのでしょうが。
マンション暮らしで土はなく、
だからと言って、鉢植えで育ててみても。
私が育てると何故か枯れる。。。
サボテンでさえ、枯らす状況に家族は呆れ果て(笑)

お正月とか、命日とか、頂きもの以外は、
我が家で生花を見る機会はなくなりました。

コロナが始まり、ステイホーム。
密な家族生活は、なんとか過ごせていたけれど
いつもの商店街が真っ暗で、通る道さえ、
薄暗くなっているのはかなりの衝撃でした。

潤いほしい!

そんなとき、ネットで見つけた
花の定期便

コースはいくつかありますが、
我が家は1番安いコース。
送料込みで1回千円弱で月2回郵送してくれます。
ポストに入れてくれるので、受け取りの手間も要りません。

1週間前に届いたもの
f:id:pokuchan:20210916090537j:plain
一般的な花屋さんでは、廃棄ロスの値段も加味されますが、ここでは必要量だけ花を購入することから、値段も押さえられるとか。

もう1年くらい続けてます。
「いつも生花がある食卓」も
段々と板についてきました。


この花は3週間以上たってもまだ元気で、でも、新しい花が届いたので食卓から玄関に移動しました。
f:id:pokuchan:20210916091129j:plain

家の中に人間以外の生き物がいるのは、
たとえ、生花であっても潤いが出て。
予想以上に効果がありました。

今は商店街も煌々と明るいし、世の中も明るい兆しが見えてきているけれど。

私には、この花はまだまだ必要だなと思います。

とは言っても、個人商店大好きの私としては、
大手のシステムにのってしまって良いのか?
近所の花屋さんはどうする?
と思うと、手放しで喜べるものでもなくて

でも、郵送ポスト投函は、魅力的で。

もう少したったら、見直しが必要かも。

今年の十五夜は、9/21だそうです。

↓ポチお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ