チェロとお昼寝

趣味のチェロとか とにかくもろもろ。アラ還主婦のつぶやき

世界中でできるらしい

昨年の第九の合唱に出演した時に。

指導の先生(声楽家)が

「これ、覚えて歌えるとどこでも楽しめますよー。日本中、いや世界中でできますよー」

と言われて。

へえー。と思った。

 

確かに、第九は世界中で歌われている。

ベルリンの壁が崩壊した時も、ベルリンのイベントでは(ユダヤ人の人気指揮者 バーンスタイン指揮で、特別編成のオーケストラで)第九が歌われた。

正直、第九好きは日本人だけと思っていただけに。

「え?世界の人も好きなのね」とびっくりした。

あの最後の盛り上がりはすごい。

確かに気持ちはいいですよね。

第九歌いに海外。とかなんか聞こえは良さそうだし。

(物好きだねえ。とも言われているだろうけど。)

 

チェロを持ってもできるかもしれない。

その昔。

夫が海外赴任したら、その国のアマチュアオーケストラに入ってみたいなあ。と思っていた。

言葉が多少できなくても、それなりに参加できるだろうし、国によってオーケストラの形態も違って面白いだろうなと思っていた。

まあ、定年を迎えた今。果たせない夢に終わりましたが。

旅行の時持って行ったら?という意見も出るのだけど。

チェロに関しては、❌だ。

チェロを飛行機に乗せる時、一人分の料金がかかる。

もちろん、席を確保してくれるのだけど。

チェロはサービスはいらない。飲み物も食事も文句も言わないし。

それでも一人分で。。。。

チェリストはみんな怒ってる。(笑)

有名なチェリストで、マイレージカードをチェロの分も作っていて、それがバレて没収されたとか。。。(笑)

一人分の料金払ったんだから、マイレージ作ってもいいでしょ!と私も思います。

 

バイオリンやビオラなら、手荷物として機内に持って入ることができるので、それこそ旅行しながら持って歩けるのだけど。。。。

 

前回も紹介したエッセイ本

老後とピアノ

 

著者は小学生の時にピアノで挫折した。

でも、いつか弾いてみたいなと思っていて。

50歳すぎてから、再開。

でも、家にはピアノがない。

そこで、よく行く喫茶店のピアノを使わせてもらうことに。

茶店の開店前や閉店後、物分かりの良さそうなお客さんがいる時に練習。プロのピアニストの先生にも来ていただいてレッスンしていただいて。

ものすごく熱中したらしい。

地方に出かけてもピアノを探して練習したらしい。世の中使っていないピアノは山ほどあって、使わせて!というと喜んで弾かせてくださるかたが多いらしい。

海外に行っても同じように。ヨーロッパになると駅にピアノが置いてあって、ご自由に!と言うところが結構あるらしく(私は見たことないけど)そこで弾いたりと。。。

弾かせて欲しい!と言える勇気と交渉力。それがあるからできたのだろうけど。

私なんて、旅行先で、はいどうぞ!とチェロを差し出されても、躊躇して弾けないだろう。

 

逆に言えば、やろうと思えばどこでもできるもんだなと、感心した。

そういう気持ちの強さが上手になる力にもなるんだと思う。

世界中とは言わないまでも、いろんなところで音楽が楽しめるように。

ちょっと真面目に練習しよう!

 

 

 

 

 

 

 

似た者親子

息子浪人生。

ラストスパート のはずなんだけど。

なんやらピリッとしない。

赤本(過去問)を解いてはいるのだけど、なんとなく解いていて、間違ったら、あー間違った。で、答えを見て、そうか と理解して、終わり。

いや、違うやろ。

ここで賢い母は、じっと堪えて、本人のやる気になるように導いていくのだろうが。

申し訳ないが私は違う。

 

「何がわからなくて解けなかったのか分析しなくちゃダメでしょ!」

と、言うが、本人はポカーンとしている。

なぜ、この時期にそれがわからん!!!

 

ったくどうしようもない奴や!とプリプリしていたら。

 

今年初めのチェロのレッスン。

年末を挟んだので3週間ほど時間が空いた。

最初に先生の前でさらってきた曲を弾いてみると。

先生、ため息をついて。。。

「なんとなく流して弾いてます。これじゃあ上手にはなりません」

確かに、なんとなくこんな感じ?と思いながら弾いていて、しかも一つ一つ聴きながら弾いてないから、音程がずれていても(しかも気がついてない)進んでしまっているらしい。

いや、らしいっていう状態を先生に指摘されるのは、かなり恥ずかしいことで。

「あーまたやってしまった。。。」と恐縮することしきり。。。。

とはいえ、前進しているところはある。(わざわざ威張るほどのことでもないけど。。。一応)

前に比べて、左手(指板を押さえる方)は指の形をあらかじめ考えてて、引く前に手の形を整えてから押さえる癖はついた。(これは私の脳でもインプットされている)

でも、そこで安心してしまって、指の開きが狭かったり広すぎたりしないようにの配慮がまだ足りない。形できてるところで私にとっては完成していて。次に考えが及んでいない。

途中で、満足してしまって進んでないと言うことなんですね。

 

考え方を息子に戻すと。

息子なりに前進はしているのだろう。

でも、目の前のこと(問題を解いて丸つけまで)で精一杯。

先のことを考える余裕がまだできてないらしい。

まだって。もう入試は目の前です。しかも2回目。

 

いや、とにかく前に進もう。息子。お母さんも練習頑張るから。。。。

一日サボると三日かかる は本当。。。。

練習を1日休むと自分にわかる。

2日休むと批評家にわかる。

3日休むと聴衆にわかる。

 

よく聞く言葉です。

でも、私はそんなレベルじゃない。。。。

 

チェロは一応毎日弾いている。

酔っ払って、何弾いてるのかよくわからないこともあるけど(笑)

とにかく毎日楽器は触ろうと。

 

でも、弾けない日もたまにある。

具合が悪かったり、疲れ果ててたり。

それで、

1日休んだあと、弾いてみると。

え?と思うほど、レベルが落ちている。

一昨日は弾けていたフレーズが弾けなくなってる。

あれ?この指使いどうだっけ?と、自分で笑っちゃうくらい、いろんなことが抜け落ちていて。

久しぶり(1日ぶり)だから、もう一回弾いたら思い出すだろう。。と思って弾いても、だめ。

というか、あっちもこっちも悲しくなるくらい弾けなくなっていて。

また、最初から練習。

一度弾けるようになったんだから、2回目は早く弾けるようになるでしょ!と、前向きに考えるのですが、現実は。。。。

同じだけかかるんです。

1日休むと戻すのに3日かかる。

 

これは私だけではなく、有名な演奏家も言っていることらしいです。

まあ。演奏家と私じゃ、比べるものが違いすぎますけど。。。。

「1日休んだくらいでそんなに落ちない!」という意見もありますが。

いやいや。。。。落ちます、びっくりするくらい。

若い頃はそんなに1日で落ちることはなかったような気がします。

でも、今、この年齢になると、本当に落ちる。

なんで?

 

老後とピアノ

 

稲垣さんのエッセイ。

50歳をすぎて、小さい頃に挫折したピアノのレッスンを再開し、その顛末を書いたもの。

でも、稲垣さんのアパートには自宅にピアノがない。

そこで、つてを頼って、よく行く喫茶店のピアノで練習することになった。お店の開店前や、閉店後や、物分かりの良いお客さんがいる時をねらて練習した。もちろん、先生にも月に一回レッスンを見てもらって、憧れていた曲を練習し、発表会までやっていく。

昔やっていた(と言っても小学生で辞められた様子)からと言って、久しぶりのピアノ。そんなにうまくは行かない。でも、なぜできないのか?何がいけないのか?を考えながら進んでいく話なのだけど。

大人になって、楽器を弾きたい人。私も含めてたくさんいらっしゃる。

特に稲垣さんと私はほぼ同世代で、嫌々ピアノを習っていたのも同じで。そして辞めたのも同じで、そしてまた弾こうかな?とピアノを再開したのも同じで(ただし、私は先生についてないし、家の小さな電子ピアノで細々と練習しているので、かなり迫力が違うけど)

なんか、共感得られそう!と思って読んでみたのだけど。

書き物のプロが、書き物のためにピアノを習うというのは、相当の覚悟だったことがわかった。

私のように、別に続けようが辞めようが誰にも責められることはない環境でボソボソと練習しているのとは全然違う。

本当に考えて練習している。

同類だから、共感を得たくて読み出したのが、全く違って、感心することしきり。

 

特に。。。

ある時、稲垣さんは、なかなか弾けない部分で苦しむ。

右手の指が思うように動かない。

なんとか動かそうと、ピアノだけでなく家のちゃぶ台の上でも練習する。

なかなかできない。そこで、あ!と気が付く

 

実は思うように動いてくれないのは、体だけではなかったのでさる。

脳も動いていなかったのだ。

努力だけではどうしようもないことがある。しかもその大きな原因は脳の老化だったのだ。

脳を鍛えるつもりが脳のどうしようもない劣化に気付く羽目になったのである。いや全く、人生はそんなに甘くはないのである

 

読みながら。。あー!と叫んだ!

1日休んで次の日弾けないのは、筋肉の問題もあるけれど、それは若い人とかトップレベルの演奏家はそうかもしれないけど。

還暦一歩手前の私の場合、それに加えて脳の問題。。。。

昔のことは覚えてるけど、最近のことは覚えていない。

それが、チェロのレッスンにも現れてる。。。

1日で消える記憶。。。。。

多分、100日くらい連続で弾いていれば、脳は老化しても筋肉が覚えて忘れにくくなるのかもしれないけど。。。

1週間やそこらでは、筋肉も脳もあっというまに忘れてしまって。。。

元も木阿弥。。。。

なるほどねえ。

 

感心している場合ではないのだけど。。。。

老化とはこういうものかと。。。。

 

嘆いていても、解決しないので。

とにかく休まないように。

でも、無理のないように

頑張ろう。。。。

 

 

映画のトリックにやられた

映画 アマデウス

f:id:pokuchan:20240108154116j:image

私が大学生の頃?の映画です。

モーツアルトと対峙するサリエリの物語です。

かなり話題になりましたし、内容も面白い。

音楽的にもよくできていて、なんとなくしかモーツアルトを知らない(もちろんサリエリも)

私は「へえー」と思いながら興味深くみました。

それこそ、DVDでも観たような気がします。

 

ただ、この映画で一番印象に残ったのは

モーツアルトって、奇人だったんだ」ってこと。

私が小さい頃から教え込まれた、モーツアルトは、「偉大な作曲家」でした。音楽室には必ずモーツアルトの絵が飾られていたし、大人達はみんなこぞって「偉大、偉大」と言っていたので、全く躊躇なく「偉大」だと思っていたのです。

f:id:pokuchan:20240108154134j:image

でも。。。。

この映画で出てくるモーツアルトは、才能はあるけど、ものすごく軽薄な、遊び人

作曲してお金をもらっては、遊びまわる。

f:id:pokuchan:20240108154144j:image

「けけけけ」と笑いながら、遊び回っているのに、人気があり、才能を認められ、

それまで「大先生」として認められていて、きちんとした良識ある生活を送っていたサリエリは、モーツアルトの出現で、立ち位置を奪われ、ものすごく嫉妬します。

映画の中のモーツアルトを見ていれば、サリエリの気持ちすごくわかります。

なんで、あんなアホが認められて、賞賛されるんだ!

わかるわかる。

 

映画を見ながら、私はサリエリに同情しました。

モーツアルト役の俳優さんがあまりにも上手に「軽薄さ」を演じていたのをそのまま信じてしまいました。

そして、映画を見終わると、私の心の中では「モーツアルトってアホ」と刷り込まれていて。。。

それ以来、モーツアルトの曲を弾くことがあっても(モーツアルトはチェロの曲はないので、オーケストラの曲)なんか、かるーく考えてしまって。。。。

 

一旦刷り込まれると、怖いです。

ウィーンに行って、モーツアルトハウスに言っても、あの映画の情景が思い出されて

「アホのモーツアルト」が出てくる。

モーツアルトの自筆の譜面を見ても。

モーツアルトの譜面ってすごいんです。全く直しがない(消しゴムのない時代です。)頭に浮かんだものをそのまま書いているのか、ものすごく綺麗。(逆にベートーベンは直しが多すぎて全然わからない。)それを見て、すごい!と思いながら、「軽薄なモーツアルト」の印象は拭えず。。。

それからもう40年ほど。。。。

 

ピアニスト藤田真央君のモーツアルトを聴いて。

 

 

あれ?モーツアルトって素敵!

と、突然思ったのです。

そしてそれに触発されて、昔弾いたモーツアルトソナタ(一番簡単なの)を弾いてみると

なんて可愛らしい音楽! 和音も素敵! と、どんどんと感動が湧き上がってきて。。。

そこで、やっと。

モーツアルトってすごいじゃん!」

と、思えるようになって。

還暦マイナス1歳になってようやくわかるモーツアルト。。。。

 

もちろん、映画にあるように軽薄な部分もあったのかもしれません(誰も見た人いませんから)でも、それは部分的なものであり、モーツアルトの本分は、才能あふれた、遊び心満載の若者だったんじゃないか?

やっとやっと、今頃。当たり前の思いができるようになりました。

 

思い込みって本当に怖いものです。

私がモーツアルトが好きでも嫌いでも、世の中になんの影響もありませんが、

多分、絶対他にたくさんの思い込みをしていて。

色々な方々にご迷惑をおかけしているかもしれない。。。。

 

そう思うとドキドキしますが。

そんな思い込みを見つけたら、さっさと潰さなくては。。。

まだまだ人生やり直せます。

 

スマホ 寝室 入室禁止

スマホ中毒になりつつある。

 

スマホが無いと落ち着かない。

私だけではない。夫も息子も。。。

 

還暦目前のおばさん(お婆さんかもしれないが、あえておばさんと言っておく)

スマホが手放せないというのはなんとも情けない話で。。。

 

他のもののせいにするのも大人気ないが。。。

コロナで世の中が不安になった時に、少しでも情報が欲しいと(そんなに刻々と情報は変わらないし、大体、知らなくても大きな問題はないのだけど。。。)スマホに齧り付くようになった。

 

しかも睡眠障害なのに。

夜中に目が覚めると、スマホを手にとっているこの異常さ。。。。

スマホは睡眠に悪影響だとあれだけ言われているのに、手にとってしまう。

これじゃあダメだ。

 

手に取らないところに置けばいい。

 

スマホは寝室に持って行かないルールにした。

スマホ 寝室入室禁止

 

夜中、目が覚めると、ちょっとスマホが見たくなるが。

我慢我慢、

 

大変かな?と思ったけど、結構簡単にできた。

というより快適になった。

別にスマホなんて、時々メールや電話が来ているのかチェックすればいい話で。

それこそ1日1回か2回チェックすれば良い話。

 

何をしがみついているんだ。私。。。。

 

寝室に持ち込まなくなって、少しずつスマホから離れされたと喜んでいたのだけど。。。。

 

元旦の大地震

2日の日航機の事故

で、またニュースが見たくなり。。。。

 

夜中は見ないけれど、昼間に見る回数が増えてきたような気がする。。。

 

夜中は成功したけれど、昼間に見ない方法も考えなくてはいけない。。。

本当に情けない。。。

 

 

読書用タブレット

年末の大きな買い物といえば。。。

【New】Fire HD 10 タブレット - 10インチHD ディスプレイ 32GB ブラック (2023年発売)

読書、YouTube用に使うタブレット

安売りで15000円弱。(なぜかカバーは5000円もした!)

 

読書を電子化したい(紙の本の方が好きなんだけど、時代についていきたいから)と前々から思っていたのですが。

 

読書といえばKindleだと思っていたんですけど、Kindleって白黒なんですよね。

普通に本を読むのはいいのだろうけど、雑誌とか漫画とかは、魅力が半減するし。。。。

 

かといって、iPadは高いし。。。。

と、もう何年も踏み出せず。。。

 

そうしたら。。。

いつもお世話になっている美容院で。

「雑誌を電子化したんです!」

と、かなり自慢げ(笑)に見せてくれたのが、iPad

なんでも、雑誌が月に500円弱(今年の春から値上げするらしいけど)で読み放題とか。

見てみると、本当に雑誌が山ほど。。。。バックナンバーも数ヶ月分は見ることができるとか。

私は結構雑誌を読んでいて、月に1冊か2冊(もっと読みたいけど高いので選ぶのに苦労する)購入している。1冊1000円近くするので、月500円弱で読み放題とは素晴らしい。

 

しかも、美容院のタブレットはiPadair なんだけど。

高かったでしょ?と聞くと

「中古です。10年くらい前のものだけど、問題なく使えて2万円!」

iPadが2万円!!!!

 

目から鱗とはこのことで。。。

中古という手があるのかあ。。。。

使わせてもらうと、色も綺麗で、ページ捲りも早い。全く問題ない。

「本読むのとYouTubeくらいならこれで全く問題ないです!」

とのこと。

確かに。。。。

 

ソフマップに行って購入したとか。。。

そうか、そうか。年が明けたらソフマップに行こう!

と思っていたら。。。。

また別情報が。。。。

 

ビックカメラに用事があり、店員さんに聞いてみた。

「fireどうですかね?いいと思いますよ」

fire???? 聞いたことないんだけど。。。

 

なんでもAmazonが開発したものとか。

Amazonのものを使うなら、(Kindleとか。)雑誌も漫画も大丈夫だし。

YouTubeも見れる。

値段は美容院で見たiPadの2万円よりも安く(15000円)新品。。。

 

調べて見るとファイヤーでは色々制限があるらしいけど。

雑誌の読み放題(dマガジン)も大丈夫だし。(楽天マガジンはダメ)

私の中では全く制限がない。

 

ビックカメラの方の話では、ファイヤー10のサイズの方が、雑誌を読む人には適してるらしい。(ファイヤー7という小さいサイズだと雑誌は読みにくいそうだ)

 

うーんうーんと2日ほど考えて、購入することに。

 

商品到着。。。

セッティングもスイスイできた。

雑誌もdマガジンで読んでみると。

いろんな雑誌がこれでもか!ってほど読める。(ちょっとありすぎ!という気もするけど)

電子図書も、すごくいい。

 

紙の本も捨てがたいけど、本によって厚さも大きさも違って、寝っ転がって読む時に色々身体の向きを変えて行かないといけない。

しかし、タブレットになると、全部同じ大きさなので、読みやすい向きを見つけたらいつもそのままで読むことができる。

暗くてもライトがつくので、問題ないし。。。。

思ったより便利。。。。

 

ちなみにYouTubeもサクサクみることができた。

 

本を読む時間が多くなると、ニュースをみる(今まで大事件が起きるとiPhoneでニュースを見まくっていた)時間が減って。

年明けの痛ましい事故の映像を長時間見なくなったのはとても助かった。

 

なかなか良い買い物だわ!と思うとともに。

デジタル用品も用途を絞って買えば、予算が少なくても大丈夫なことが判明。。。。

 

美容院さんのおかげで年末はまた我が家にデジタル化を進めることができました!

 

年賀状ちょっと前進

プリンターが突然止まった。

あとは裏面(宛名は印刷済み)を3分の2ほど(90枚くらい)印刷したら、終了。

いつも悩まされるプリンターに今年は悩まされることなく終了できる。

と、思った矢先。。。。

表示を見ると「メンテナンスボックスを交換してください」と書いてある。

このメンテナンスボックス。何年も前(コロナよりずっと前だったのでかなり前)に同じ表示がでて、慌てたことがある。

一体なんなんだ?と調べて、結局アマゾンで注文して数日後に届いて、事なきを得た。

その時は別に急ぐこともなかったのだろう、でもものを注文しないとプリンターが動かないというのは少し恐怖だった。さりとて、5年か6年に一回と言われるものをあらかじめ予備として買っておくのも憚られて(必ず無くなるし、その前にプリンターが壊れるかもしれないし。。。)買わずにいたのだけど。

 今は12月30日の夜。。。。年賀状印刷中。。。。

アマゾンで到着日時を見たら1月2日とか。。。あり得ない。

右往左往して、結局近所の家電量販店に売っていることがわかり(現代社会は量販店の在庫がネットですぐわかることを知った)とにかく、明日、量販店に買いに行くことにした。

 

でも。

言い換えれば、今日はもう年賀状は何も進まない。。。

朝からおせちの買い物やおせち作りをしながら、家族を叱咤激励して年賀状の図案を描いてもらい、構図を考え、と怒涛のように進めていたものが、1000円ほどの「メンテナンスボックス」のおかげで、ストップがかかった。

なんともいえない挫折感。。。。

こんなことでこんなに絶望しなくてもと自分で思うのだけど、あまりにがっかりした。そしてなぜか(笑)怒りが湧いてきて。。。。

いかん、いかん。。。

今日は弾くつもりはなかったのだけど、チェロを弾くことにした。

練習曲をガンガンと。。。。

こういう時はチェロはありがたい。。。。

特に練習曲は同じフレーズが続いているので、無になってひたすら弾くことができる。(情緒溢れる曲だと、怒りに任せてひくとメチャクチャになり、かえってイライラが増すので)

ガンガンと弾いたら、少し落ち着いてきて。

お風呂に入った。。。。

なんせ、ぽっかりと時間が空いたので。ゆっくり入っても大丈夫。。。

ぼーっと湯船に浸かりながら。。。。ふと考えた。。。

「私だけの年賀状作ろうかな?」

数年前くらいから、友人からくる年賀状が、家族のものではなく、「個人」の年賀状になった人が増えてきている。

それまでは、家族の写真とか家族の近況とかを楽しげにお知らせしてくれていた友人たちも子供も巣立ち、自分の時間が増えて、自分の近況をお知らせしたくなったのかもしれない。

受け取る方としても、友人の子供が何年生になったのかというのはそれほど興味はないし💦

同世代の友達が今どんなことに興味を持っているのか、知る方が何倍も楽しい。それに自分の近況の年賀状は、文章も長くて、面白い。

私もこんな年賀状がいいなと思ってはいたのだけど。。。。

なんせ、いつも年賀状を作るのが年末ギリギリなので、自分の年賀状なんて作る余裕はなく。

今回も、家族の年賀状だけで終わらすつもりだった。

しかし、、、、

今。ぽっかりと時間が空いた。

明日まで印刷はできないが、構図を作ることはできる。

さっき、家族の分を作ったばかりなので、もう一つ年賀状を作るのはそれほど手間ではない。

作ってみようか?

問題は近況をお知らせする文章だけど。

ここ数年、途切れ途切れだけど、プログを続けているおかげで、文章を書くことにそれほど大変さはない。

 

 以下、その文章。

私も信じられないことに今年還暦を迎えます。

還暦を迎えることを機に、新たに「終活」について計画を進めていこうと思います。

母(88歳)の介護をしているおかげで、周りのお年寄りの老後の生活を見る機会が増えて

楽に楽しく老後を迎えるために準備が必要と痛感しました。

昨年は「合唱初体験」しました。Brahmsのレクイエムと第九を歌わせていただきました。とても有益な経験だったのですが、私は楽器を弾く方が性に合っているなと思いました。

今年も、色々楽しく過ごしていきたいと思います。皆様にとっても素敵な年となりますように。

 

個人の年賀状は作って見ると、思いの外簡単で。。。

なーんだ。と思った。

これなら、毎年作れるかも。。

 

絶望感を感じた年末ではあったけれど。そのおかげで、やりたいと思っていたことが最後の最後でできた。

プリンターが止まった時は、「来年も大した年にはならん!」と思っていたけれど、

もしかしたら、良い年になるかも。。。。(ならないが笑)とちょっと期待を持って年を越せた。。。