チェロとお昼寝

趣味のチェロとか とにかくもろもろ。アラ還主婦のつぶやき

久しぶりの美術展 上野リチ展

息子の高校の授業参観に行った。

高3なので、息子としても私としても最後の授業参観。

というか、コロナのせいで、高校生活 最初で最後の授業参観。

それほどおおごとでもないけど。

当然息子は「えー来るの?」という顔だったけど、「最後だから、お母さんのなかでキリをつけたいから行きたいの!」

と、頼んで(笑)

「英語はダメ。数学に来て」

と、ご指示があり。

朝早くから出かけました。

周りのお母さん達に事前に様子を聞いたのだけど、誰も行かないらしい。

皆、子どもに拒否されたので行かないと💦

私は何て強引なんだ

案の定、行ってみたら高3のクラスには誰もお母さんはいなかった。

まあ、数Ⅲの授業を聞きにくるお母さんもいないわねぇ。

途中、お父さんらしき方が入って来られたけどすぐ出て行ってしまった。あらあら。

 

高校の授業を見るのは初めて。

とても静か。

机に突っ伏して、ずっと寝ている子もいれば。

しっかりと黒板をノートに書き写している子も。あまりにキチンと静かに作業しているので、何も考えず書き写しているだけなのか?と勘繰って(笑)ごめんなさい。素直でなくて

みたけど、先生が計算を間違えると、「あれ?」という小さい声が聞こえるので、ちゃんと考えて失礼でごめん!書いていることがわかって感心する。

私は当初、数Ⅲなんて久しぶりでわかる訳ないと思っていたけど、先生の説明を聞いていると解き方が綺麗で、私でも理解できるほどだった。

「凄い!」と感動して、楽しくなって。

しばし、授業に熱中。

そうしたら。

「これから演習プリントを解いてもらいます」と言う話になり。

みんな、配られたプリントを解き始めた。

もちろん私はプリントは配られないので、

私1人手持ち無沙汰(笑)

 

帰ろう。。

 

と。出てきた。

あんまり長く居座っても、息子も先生も気が重いだろうから丁度良かったのかもしれない。

 

学校の門を出たら、まだ時間は11時。

せっかく出かけたのに。。これで終わりはもったいない。

 

ちょっと遠いなとは思ったけど。

思い切って、東京駅まで。

美術展に行って来ました。

 

f:id:pokuchan:20220513150758j:image

15日までだったのでギリギリセーフ。

東京駅から徒歩数分のところに美術館はあります。

久しぶりの丸の内。活気のある素敵な街に変わっていました。

 

美術館に入る前に

まずは、ミュージアムカフェで1人ランチ

私は、ミュージアムカフェやミュージアムショップが大好きで、どこの美術館に行ってもカフェやショップに寄ります。

メニューは大体大したことはないのだけど、雰囲気が好きなんです。

特にミュージアムカフェは、どこに行っても落ち着いた雰囲気で。

ほっとするので。

 

今回も。

f:id:pokuchan:20220513123227j:image

知らなかったのですが、ここのミュージアムカフェはとても人気のカフェだそうです。

建物がステキ。ということで人気らしいのです。

確かに天井が高くて気持ちがよい。

でもちょっと隣の席との間隔が狭いかな?

金曜日の雨の日ということで、ちょっと待っただけで席に通されました。

皆さんにおすすめです!というメニューを勧められましたが

 

f:id:pokuchan:20220513123015j:image

美術展とのコラボ商品らしい

けど。今ひとつそうなので、

量が

 

f:id:pokuchan:20220513125452j:image

量多そうなハンバーグにしたけれど。

 

ふつーのものでした。

お値段も丸の内値段だし。

 

空いてるときに、お茶だけでぼーっと本を読むにはバッチリかも。です。

 

お腹も落ち着いたし。隣の美術館に向かいます。

金曜日の雨の日の割には、多めのお客さんでした。

上野リチさん。

f:id:pokuchan:20220516105152j:image

1893-1967 

ウィーン生まれ

ウィーン工房にてデザイナーとして活躍

32歳(大正14年)にウィーンで仕事をしていた建築家上野伊三郎と結婚

33歳で初来日京都(自宅)とウィーンを行き来してデザインの仕事を続ける。

 

太平洋戦争中は京都に滞在

 

戦後もウィーンと京都を行き来して、デザインを手掛ける。

74歳 京都の自宅で死去

 

大きな作品としては、

日生劇場のレストラン「アクトレス」の天井、壁画デザイン

 

じつは、

上野さんについては、ほとんど知識がなく、インスタで見かけたテキスタイルに心奪われて 

展覧会に行った!

という衝動的なものだったのですが。

 

思った以上にステキでした。

f:id:pokuchan:20220516105001j:image
f:id:pokuchan:20220516105006j:image
f:id:pokuchan:20220516105012j:image
f:id:pokuchan:20220516105004j:image
f:id:pokuchan:20220516105009j:image

そして、三菱美術館もステキ

f:id:pokuchan:20220513151152j:image

古い建物を大事に上手に使っていらっしゃる。

 

あまりに沢山ありすぎて、目が疲れてきたので一休み。

f:id:pokuchan:20220513151302j:image

私と同じ様に 座ってぼーっと緑を見る方が沢山いらっしゃいました。

都会の緑も良いもんです。

 

美術館の好きなところは、オシャレな方と出会う確率が高いところ。

それも高級品ではなく、工夫して自分のものにしていらっしゃるファッションが沢山あって。

それを見るのも凄く楽しい。

今日も沢山参考にさせていただきました。

 

ミュージアムショップに行って

早速図録を購入。

家に帰って楽しむんだー。

f:id:pokuchan:20220515155604j:image

 

あと、一筆箋も。
f:id:pokuchan:20220515155607j:image

 

展覧会に行くと、美術以外にも色々な感動がいただけて、「また来なくちゃ!」と決意するものの。現実はなかなか通えません。

 

何かの帰り道にぽっと寄れる余裕があれば良いのだけど。

「まあ、また今度」

と、いつも思ってしまって、終わってしまう。

 

生活の中に美術館。

入れたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

チェロ用の傘を買ってみた。

久しぶり(3週間ぶり)の個人レッスン

発表会が終わって、もう1ヶ月以上経つのだけど、どうも調子が上がらない。

「なんとなく」弾いてる感じ。

まあそんなもんかな?とも思いながら、レッスンに向かう。

ありがたいことに先生のお宅は歩いて10分ほどのお宅。

いつも思うのだけど。

ピアノやバイオリンの先生なら沢山いそうだけど、チェロの先生がこんなに近くなんてそうそうないよなぁと。

遠くから通ってくる方も多い中、本当にありがたいと思う。

 

でも、歩いて10分なのだけど。

歩いて10分の間に、山がひとつあって。

それが物凄く急坂。

チェロを持って歩くのはきつい。

この山どうにかならないかと、よく思う。

すぐに感謝の心を忘れる(笑)

 

しかも、今日は途中から雨が降ってきた。

チェロを背負いながら雨の中歩くとチェロがびしょびしょになる。

チェロが濡れるか、人間が濡れるかで、やっぱり人間が濡れるのは嫌なので。

無意識に自分を守っている

どんなにびしょびしょになっても、楽器ケースの密封性が良いので、中のチェロは問題ないのだけど。

外はびしょびしょ。

びしょびしょになった、ケースを先生のお宅の中に持って入る訳にもいかず、入り口で持って来たタオル(ハンカチじゃ足りない)でせっせと拭かないとダメ。

結構な手間。

 

じゃ、車で行けば?

と思うけど、歩いて10分の距離の車は本当に「すぐ!」で、駐車する時間の方が時間がかかる感じで。

しかも駐車スペースが狭くて、切り返しを何度もしなくてはいけなくて。。

そのうち事故を起こしそうで、

それは絶対、避けたいので。。

 

どうにかならないかな?と考えた。

そして、

大きな傘を買うことにした。

ただ大きければ良いものではないので。

 

買い物のコンセプトを考えた。

 

大きい
失くしても壊れても惜しくない
だからといってあんまりチャチなのは嫌
できれば軽いの
 

Amazonで探してみた。

 

大きさ

 大きいものは60センチからあるらしいけど。

60センチは普通のサイズで、チェロ付きでは小さい。

 75センチ以上を探す。

 

75センチ以上になると、ほとんどがビニール傘。皆安め。

安いのは素晴らしいのだけど、めちゃくちゃ批判しているレビューが多い。

「一回で壊れた」とか、「破れてた」

レビューもあまり信じてはいけないのだけど、あまりに酷いものばかりなので、辞めて。

ちょっと高いけどレビューも好評。

軽めのものを選んだ。

それがこれ。

 

ちなみに

90センチっていうのもあるらしいけど。

レビューを見ると「信じられないほど大きい」と言ってるので、辞めておく。

 

90センチが「信じられないほど大きく」て、

80センチがどうなのか?

見てないからよくわからないけど。

 

まあ、届いてからのお楽しみ。

 

よく考えてたら、

これから梅雨が始まるし

個人レッスン以外にアンサンブルでもチェロを担いで出かけるし。

電車必須のところなので車はダメ

 

良い買い物だったんじゃないかと。

 

また届いたら報告します。

 

預け入れが有料だなんて!!

他の話題を書こうと思っていたら、

思わぬ「びっくり!」があったので話題を変えて報告。

皆さまはご存知のことかも知れませんが私にとってはびっくりのことだったので。

 

みずほ銀行に入金しました。

もちろん、自分の口座に、みずほ銀行の🏧を使って、入金したのですが。

 

途中、「手数料」のお知らせの画面が出たのです。

でも。。

まさか預け入れで手数料はないだろうと、勝手に解釈して、そのまま継続したら。。

110円の手数料がかかってた。。。

 

びっくり!

しばらく、通帳を見ながら立ち尽くしました。

こんなことで、手数料。。。

 

引き出すので有料になるのは、気をつけていましたけど、まさか預け入れで有料だなんて。

 

 

早速調べてみると

 

みずほ銀行

f:id:pokuchan:20220514160156j:image

平日も昼間じゃないと無料にならない

 

私は確かに無駄遣いはしますけど。

こんなことで銀行にお金を取られるのはとてもとても不満です。

面倒な世の中になったもんだ。。

 

と、思いながら。

 

納得いかないと、色々調べてみると。。

 

銀行によっては無料のところもある!

 

こういう時は小さな銀行は顧客を増やそうとして、無理して無料にしたりするもんですが。

今回のことは違いました。

 

例えば大手の三菱UFJ銀行

f:id:pokuchan:20220514160114j:image

 

無料!

 

ゆうちょ銀行

f:id:pokuchan:20220514160425j:image

引き出しも預け入れもいつでも無料

#とは言っても注意が必要です! 詳しくは、後ほど

 

三井住友銀行

f:id:pokuchan:20220514160635j:image

一瞬有料かと思ったけど個人の口座は無料らしい。

 

地方銀行大手の横浜銀行

f:id:pokuchan:20220514161224j:image

有料だわ。

 

りそな銀行も有料でした。

 

普段、三菱やゆうちょ銀行ばかり使っていたので、銀行によって手数料がこんなに違うとは。。

 

ちなみに無料だったゆうちょ銀行も。

小銭で預け入れすると手数料がかかるらしい。

過去ログですが。。

 

f:id:pokuchan:20220514162220j:image

 

結局、

銀行の用事は、平日の日中ですますこと。

と、肝にめいじました。

 

あと、振込用紙で振込も。

詳細は書きませんが、色々面倒そうで。

コンビニが1番良いようです。

 

そう言いながら私も忘れるので。

気をつけようっと。

 

昨日の夕食

里芋の白味噌

牛肉とそら豆の炒め物

 

里芋とそら豆が安く売られていたので購入。

安い安いと喜んでいたら、里芋は良かったのですが、そら豆があり得ないほど悪いもので(笑)

そら豆は、皮から出ると傷みが早いとは聞いていたけど。こんなになったものが売りに出てるとは。。そら豆は気をつけないといけません。

 

 

 

 

 

 

夏の準備はひとつだけ

 

f:id:pokuchan:20220512105737j:image

「つっかけ」と言うのでしょうか。

マンション内をうろうろするときの履き物

ゴミ出しとか郵便取りにいくとか回覧板まわすとか、

昨年に引き続き、これを夏使用のものに取り替えました。

普通の女用の下駄ですけど。

元々、結婚前に、浴衣に合わせて買ってもらったものですが、全く使わなくて。。

鼻緒の色と下駄の色を合わせて凝って購入したのに。箱の中に入れたまま。

使わないのはもったいないと思っていたら、ある日思いついて「夏のつっかけ」として使うことにしたんです。

結構評判が良いです。

玄関に置いてあっても、履いて外を歩いても褒められます。

結構皆さん見てるもんだと感心します

だから今年も、意気揚々と出して見たんだけど。

今日は朝から土砂降りでしかも寒い。

ちょっと早すぎたみたいです(笑)

 

昨日の夕食

ちょっとサボっていましたが。

また、再開。気が向いたときにお披露目しようかと。。

 

砂肝の塩炒め

タコとキュウリの酢の物

アサリの味噌汁

厚揚げと蕗の煮物

 

連休の外出でのご馳走がまだ残っているらしく。和食を欲します。

澤村貞子さんの料理の本

毎日の食事のメニューを書き連ねているだけなのですが。

久しぶりに見てみたら、

「あーそうそう」と今食べたい食べ物が並んでいました。

「あっさり」とか「重くない和食」とか思うもののなかなかメニューが思いつかなくて。

でも、澤村貞子さんのメニューには食べたかったものが満載。

ありがたい一冊です。

 

音もだち(おともだち)

体育ずわりが身体によくないという話が出ているそうで。

内臓にも腰にも負担がかかるのだそうです。

体育ずわりって海外ではないらしい。

集会の時に、ダラーんと座ると場所をとるし、だらしないしで、どなたかが考えた座り方(海外にはない座り方らしい)なのでしょうけど。

本の学校では「当たり前の座り方」でしたから、学校は混乱するでしょうねえ。

でも、よくない慣習はさっさと断ち切った方が良いです。

体育ずわりが禁止となると、集まる時は椅子を持って行くことになるのでしょうけど。

ついでに、集会を減らすとか見直してくれないですかねえ。

毎週月曜日の校長先生の話とか。。。役に立った記憶がない。。。。

 

昔当たり前にやっていたけど、今ないもの たくさんあります。

小学校の時にやったうさぎ跳び。。。担任が厳しい先生で、頻繁にうさぎ跳びさせられました。階段でのうさぎ跳びとか。どれだけ膝に悪かったか。。。。

 

英語の筆記体も、今は教えません。

私の世代は中学でものすごい時間をかけて筆記体を教えられましたが。

いざ外国(英語圏)に行くと現地の方々は筆記体なんて使ってない。。。

なんでだろう?

と思っていたんですけど。

使ってないことは文部省もわかっていたのだろうに。「教養」だと思っていたのでしょうか。

ゆとり教育」導入をきっかけに、無くなったようです。

 

若い人がLINE離れしているとか。

確かに若い人にLINEしても全然返事こない(単に無視されてるのかも(笑))

友達少ない私でも結構頻繁にというか、LINEにものすごい時間を取られていた頃がありました。

学生時代は学校の友達だけだけど、会社に入ると仕事の友達が増え、子供ができるとママ友と

それに趣味で繋がった友達が加わると、友達少ない私でも相当の数になります。

それが皆LINEで繋がると、すごいことになって。。。

LINEグループなんて、たくさんできて、一つのグループLINEをするだけでも結構手間なのに他のLINEグループのメールが始まって、あっちに答え、こっちに答えてと。(早めに返事をしなくてはという思い込みがあって)そんな答えだから、ろくな答えじゃありません。

物事もなかなか決まらない。対面で会って話せば5分程度で決まる話ばかりなんです。

それをダラダラと(笑)でも、その時はそれが必要だと思っていたし、楽しかったんです。

会わなくてもLINEしてれば繋がれると思ってました。

 

コロナをきっかけに、LINEの使い方を見直しました。

人付き合いは対面を中心にしようと。

会わなくても、LINEしてれば繋がれると思っていたけど、それは違うんじゃないかと。

会えない人とも、連絡しても長いメールはやめようと。(長話は会うまでお預け)

 

そうすると、当然LINEする時間がほとんどなくなりました。

時間、空きます。

ひとりで考える時間ができました。

暗いといえばそうですけど、結構大切、そして楽しいと思っています。

 

趣味の時間をもってることで「趣味だけの付き合い」の友達ができますが。

その付き合いも、趣味だけのおつきあいにしようと努めています。

だから、相手のことは何も知りません。

仕事をしているのか?家族はいるのか?も知らない友達が多いです。

 

特にチェロ関係の友達つまり、音楽ともだち(略して音もだち)は、顕著です。

メールアドレスも知らない、名前も定かじゃない(笑)仕事も家族関係も何も知りません。

でも、全く問題なくて。

会うと、「久しぶりー」と再会を喜び合い、そのまま音楽の話へ。

今練習している曲とか、弾きたい曲とか音楽の話だけでいつまでもしゃべることができます。

その時間が楽しい。。。

またいつ会うのかわからないまま、「じゃあまた」と別れる。

 

それじゃあ友達とは言えないよーと言われるかもしれないけど。

今の私にはそれが「友達」として丁度良い距離です。

 

いつも人と戯れてないと調子が悪い人も多いのでしょうが。

私は、少なめの軽めの人間関係が今は心地よいようです。

 

 

 

 

同世代が活躍してる

プロともさんのこの記事を読んで

f:id:pokuchan:20220511102208j:image

恩田陸さんの本を読み始めました。

まずは、ご推薦の本

f:id:pokuchan:20220511102422j:image

蜜蜂と遠雷」のスピンオフだとか。

Amazonの書評では、先に「蜜蜂と遠雷」を読んでから、読むことを推奨しています。

実は、私恩田陸さんの本は初めてなんです。

でも。。映画「蜜蜂と遠雷」は、数年前に見ました。コンクールにのぞむ、若きピアニスト達を詳細に描いていて、丁寧に作られたステキな映画でした。

f:id:pokuchan:20220511102605j:image

なので、知らない訳でもないし、大丈夫だろと思って読んだのですが。

 

面白かった。。

小説とは別に、エッセイも載っていて。

 

私は、エッセイを読むのが好きです。

読解力がないから、難しい小説が読めないせいもあるのでしょうが、エッセイ読んで、好きだったら小説読んで見ようということがよくあります。

恩田陸さんのエッセイ。小説も面白いけれど、エッセイも面白い。

私が中学生の頃のテレビ番組のことも書いてあり、その描写が鋭くて感心。

私がぼーっと見てたテレビ番組、夜のヒットスタジオとかベストテンなどの歌番組なんですけど。恩田陸さんはもの凄く細かく見ていらっしゃるのです。

かなり年齢が上だから、こんなに細かくみていらっしゃったのだろうと思っていたら。

なんと、同じ年だった。。。

なんたる違い。。。

 

最近そういう、絶対年上!と思っていたひとがほぼ同世代ということがわかり、愕然とすることがあります。

 

最近びっくりしたのが

 

f:id:pokuchan:20220511210214j:image

N響の名物コンマスのマロさん。

 

随分前から大活躍で。

絶対10歳位年上と思っていたら。

ひとつ上だった。

 

コンサートを聴きに行って、子ども時代のトークが始まり(マロさんのおしゃべりは楽しくて人気です。)なんか、出てくるテレビ番組が同じだなあと思って(ミラーマンとか(笑))調べてみたら、ひとつ上。

 

別に比べてどうこうという気はないのですけど。

同じ時間生きてきて、この差と思うと。

やっぱり比べてる(笑)

ちょっとやるせなくなります。

 

だからと言って、戻れるわけではなく。

私は私でそれなりに楽しんで生きて来られたんだから良いじゃない!と思うのですが。。

 

やっぱりねぇ。

 

結局、どうしてよいかわからなく。

まずは恩田陸さんの本が面白かったので、図書館に 蜜蜂と遠雷 を予約。

 

せめて、今の幸せを感謝して。

楽しんで行こうと思います。

 

サボりたいと思うことがどんどん終わる

今週のお題「サボりたいこと」

今日は高3の息子が遠足。

もちろん私は行かないから、関係ないのだけど、遠足にはお弁当がついてくる。これが問題(笑)

昔からこれが面倒で。。

別に凄い弁当を作ろうと思っているわけではなく、いつもの普通のお弁当。

ただ、いつもより食べやすいように、おにぎりにしたり、おかずもつまみやすいように唐揚げとか卵焼きとかにする。

そのくらいなんだけど。

遠足の日は朝早いからか、いつも面倒だった。

でも、ここ2年ほど、中止だったり、午前中で終わりだったりして、お弁当はいらなかった。

ラッキー!と思っていたが(息子は残念そうだったけど)

今年は正常にやると言う。

あー。面倒。

と、思ったけど。

 

よく考えたら、息子の遠足のお弁当を作るのはこれが最後。。。

 

それを思うと、なんか寂しくなった。

面倒、面倒と思っていたけど。

やりたくない!と思っていたけど。

終わりがあるんもんなんだと、しみじみしてしまった。

 

 

息子が声変わりをし始めたころ。

結構、嬉しくて、面白い!と思っていた。

男兄弟がいなかったせいで、そして中高が女子校だったせいで、男の子の声変わりがどんな風にかわるのか知らなかった。

だから、息子がちょっとずつ声変わりしてくる様子を見るのが面白くて。

でも、完全におじさんの声になったときに。

「え!」と思った。

あの可愛い声がもしかしてもう聞かれないの??

嘘!

バカな私は、声変わりを楽しみながら、何故かまた昔の声に戻るような気がしていた。

もう二度と聞かれないのに、全く考えることなく、進化だけを楽しんでいて。

完全に聞かれなくなったときに、愕然とした。

しばらく落ち込んでいた(笑)

 

やっぱりお別れはキチンとするものだと、思った。

 

だから、今日のお弁当は、私なりに丁寧ろうと思った。

とは言っても、気がついたのが前日の夜だから、もう献立は変えられない。

ちょっと面倒だから、茹で卵にしようかなと思っていたけれど、厚焼き卵を作ることにした。

 

この厚焼き卵は前日の夜に作る。

当日だと、冷ますのに時間がかかって固まらないので、前日がベスト。

 

卵6個、砂糖大さじ6杯の甘〜い厚焼き卵。

卵焼き専用のフライパン(銅製)で作る。

結構大きな厚焼き卵ができるので、卵焼きを丸めるのに力が入って、ちょっと面倒になり、最近全然作っていなかった。

そのせいで。。

卵をフライパンに流し込んだ時点で、

「あれ?どうやって丸めるんだっけ?」

と、やり方を忘れていることに気がついた。

卵をフライパンの前に集めて回すのか、フライパンの向こう側に集めて回すのか。。

どっちだったっけ?

卵はどんどん固まっていく中。

あれ?どっち?と仕方なくフライパン返しで卵回してみた(普通フライパンを振り上げて回す)

グタグタな形になった。

そうそう、フライパンの向こう側に集めてやるんだ!と思い出して、

フライパンを振り上げたら。

卵がフライパンにくっついてしまって、

またグタグタな形に。。。

フライパンに油がキチンとのってないから。。

卵が張り付いた。。。

油をしっかり塗って、何回かやるとやっと丸くなってきた。

でも、もうほとんど終わり。。。

でも、卵はすごい

綺麗とは言えないけど、それなりの卵焼きができた。

 

他のおかずは、当日の朝に、手軽に食べられるように考えてお弁当を作った。

 

最初の遠足のお弁当は、確か息子2歳の時の保育園のお弁当。両親もくっついての、園児より大人が多いという大イベントで、初めてのお弁当作りに何週間も前からなやんだっけ。

あの時も、本当に嫌だと思った。これから果てしなく続くんだと思うと、悲しくなっていた。

 

 

でも、終わりがきた。

息子のリュックに最後の遠足弁当をいれた。

もちろん、息子はそんな思いは全然わかってない。でも、私的に、面倒だった遠足のお弁当とのお別れセレモニーはやったつもり。

 

ちょっと満足だった。

 

考えて見ると高3というのは、かなりの分岐点。

今まで当たり前にやっていたことが、これで終わりになる。

今年は、そんな「最後」が多いだろうから、楽しかったことも、面倒だったことも丁寧にやってお別れしようと思う。