チェロとお昼寝

趣味のチェロとか とにかくもろもろ。アラ還主婦のつぶやき

普通のお葬式が戻ってきた

昨日の親戚のお葬式は、久しぶりに「普通」のお葬式だった。

お別れしたい方々が集まって、故人を偲んで告別式に参加して、最後に会食をする。

この当たり前のことが出来なくて、もう3年ほど。

私もここ3年、告別式というものに参加していない。

さっぱりしていて楽と言えばそうなのだけど。

 

連絡がきて、行こうと思ったものの。

楽を知ってしまって、行くのがちょっと面倒とも思ったのも事実。。

亡くなったおばあさんから頂いた、数々の事を考えると、やっぱり行かなくちゃ、いや行きたいと思い向かった。

本当は母も行くと言っていたのだけど、やっぱり大変だから辞めると言い出して私1人が参加になった。

母と一緒なら車でと思って、道順も考えていたのだけど、行かないなら電車でOKだ。

でも、何だか車で行きたくて、1人運転して式場に向かった。

 

故人が、89歳の主婦、旦那様も10年以上前に亡くなって、という方だったので出席者は親戚だけ。しかも少ない。

そして、親戚と言っても20年近く会っていない人たちばかり。。

前に会った時は小さかった子が今回はお母さんになって子どもをおぶって出席している。

初めて会った青年が、なんか、何親等も離れた叔父さんとそっくりだったりして、

「え!こんなところにそっくりさんが。。」

と血筋って凄いと感動したり。

人数が少ないので、同じ話で故人を偲び、懐かしい話に花が咲きと、泣いて笑えたステキなお葬式だった。

 

全てが終わるころ、親戚の1人が

「せっかく地方から出てきたから、お墓参りしたいの」と言い出した。

そこにいた人たちがみな「うんうん」と乗り気になっている。

でも、お墓のある場所を知っているのはその中では私しかいないので、しかも「うんうん」と同意した人が4人で。。

私の車に乗ってお墓参りに行くことになった。

何となく、車に乗ってきたのがアタリだった。

運転手の私が最年少。お姉さま方を安全に快適にお送りしなくてはとちょっと緊張した。

お姉さまたちは、元気一杯。

さっき、会食で、火葬場に向かうバスの中であれだけ喋った人たちが、また喋る場を与えられて。

昔話はどんどん続く。

私が生まれる前に亡くなったひいおじいさんの話で盛り上がり、叱られて土蔵に入れられた話、果ては木炭バスの話まで出てきて。

(さすがに木炭トラックは80歳のおばしか知らなかった(笑))

車の中は60年以上前にタイムスリップしていた。

40分ほどでお墓に到着。

お墓と言っても、最近流行りのマンション型(?)のお墓で、あまり趣きはないものだけど。ずっと気にかかっていたけど行かれなかったお墓参りが出来て、皆ほっとしていたようだった。

お姉さま方が喜んで、お礼まで言っていただけて、こちらもホッとした。

 

駅まで送って、お姉さま方を見送った。

今度会うのは、またお葬式なんだろうなと思いながら。

 

お葬式は、亡くなった方がくださる最後のプレゼントなんだなとよくわかった1日だった。

 

一日中おしゃべりを聴いて、ちょっと疲れたけれど。行って良かった。

 

 

 

 

 

 

横浜葬式事情

親戚のおばあさまが亡くなった。89歳。

大往生の部類に入るのではないだろうか?

 

8月初旬に亡くなったと連絡が来た。葬儀は?と質問すると、家族葬でやります。

ということだった。

コロナの感染もあるし、そりゃそうよね。

落ち着いた頃にお香典を送ろうかと思っていたら。

8月12日お通夜

8月13日告別式との連絡が来て。

え?やるの? 

連絡が来たということは、行っても良いのだろうから、それならと伺った。

亡くなって10日近くたっている。

 

火葬場が混み合っていて、時間がかかったとか。

 

火葬場が混み合っている時期らしい。

 

横浜市の斎場で告別式を行ったあと、

バスで火葬場に向かった。

 

出発するとバスは高速に乗った💦

どこに行くのかしら?皆不安げ。

30分ほど乗ったところで、緑に囲まれる焼き場に到着した。

いったいここはどこなのかしら?

側にいた係の方に伺うと「金沢区ですよ」と教えてくださった。

どんな僻地なのかと思っていたけど、横浜市なのね、と妙に安心した。

 

焼き場は、確かにいっぱいだった。

遺族同士が出会わないように、配慮してくださっているのだけど。

そのせいか、ものすごく流れ作業。

告別式の会場で

「お顔を見られるのはこれが最後です!」

と言われたけど、ガラス越しに見れるだろうと軽く聞き流していたら。

本当に見られなかった。

もちろん、お経を読むこともなく、お焼香もなく。

到着したとたん、すうっと送られてしまった。

こちらは、頭を下げてご挨拶をしただけ。

 

多分、次が詰まっているのだろう。。

 

でも、今回は告別式開始が10:30だったので、朝も余裕があった。

 

少し前、やはり横浜で、告別式開始が

8:00だった。

我が家は同じ横浜市だが、東京から来る親戚は、朝6時台に家をでたそうで。

「ゴルフのスタート時間みたいだねぇ」

と、ちょっと不満そうだった。

この時も火葬場の問題だったらしい。

 

都会にいるとお骨になるのも大変だ。

 

聞いた話だけど。

火葬を待っている間、葬儀屋さんで保冷室に預かってもらったら、

「1日2万円だった」

と言う話を聞いたことがある。

「ホテルより高かった。」

と、ご遺族がブツブツ言っていた。

だからと言って、断る訳にもいかない。

 

こればかりは、避けて通る訳にはいかないし。

せめて、混み合わない時期に当たることを願うばかりだけど。。

そればかりは、ちょっとねぇ。

 

 

 

今日から夏休みらしいけど。。。

夫が昨夜嬉しそうに 「明日から夏休みだ!」とウキウキしている。

明日は祭日だけど次の日の金曜日と来週1週間が夏休みだとか。。。。

知らなかった。。。。

 

夫はもう2年以上在宅勤務で家にいる。

会社に行くのは月に一回くらい。

最初の数ヶ月はずっと家にいることにイラッとしたけど。

最近はたまに出社すると 「あれ?いないなあ」と不在を不思議に思うようになった。

慣れってすごい。

 

夏休みらしいけど、平常勤務の時となんら変わらない。

高3の息子は7月から夏休み。

それに伴い家族全員朝起きる時間がゆっくりになった。(朝食時間が7時→8時になった)

でも、夫が夏休みになっても、受験生を抱えている家としてはこれ以上の寝坊は許されないから。

8時に朝食を食べ、終われば各自朝のルーティン活動にいそしむ。

夫が9時になっても、部屋(仕事場)に入らないくらいで、居間で寝転んでテレビを見ているのがいつもと違うところ。

夏休みのワクワクが欲しいと夫は呟いているのだけど。。。

周り(私と息子)は「ふうん」と否定でも肯定でもない答えでその場を乗り切る。

どんな夏休みになるのだろうか??

 

さて。。

 

我が家でお気に入りの「みりん」のお店から

「実質値上げ」のメールが来た。

このみりん。我が家の、というか私のお気に入りで、とても美味しい。

ただ、600ml 1000円と、ちと高い。

でも、相手はみりんで、そんなにバカバカ使うものでもないし、美味しいからもう10年以上このみりんで過ごしている。

元々は近所のスーパーで扱っていたので、便利にしていたのだけど、扱わなくなって、通販に切り替えた。

通販は送料がかかるからそれなりの量を注文しなくてはいけない。

しかも。。

この春は世の中が「値上げ」のニュースで持ちきりになって、買いだめをしない私でも、「今のうちに買っておこうか」と言う気になった。

 

おかげで、我が家の狭いパントリー(コート掛けの下の部分をパントリーとしている)は、本当にパンパンになった。

 

その時に「みりん」も買った。

f:id:pokuchan:20220811100346j:image

春に買ったのだけどそれから半年近く経つがまだこんなにある。

一升瓶(1.8リットル)と600ml3本

何を思って、こんなに買ったのだろうか?(笑)

腐るものではないから、だからといってみりんを沢山使う料理もないし。。

地道に使うしかない。。

 

ちなみに、お気に入りのお酢(これも通販で購入)も500mlの瓶が12本あった(笑)

お酢は2ヶ月に一本は使うから、まあ2年分か。。

 

f:id:pokuchan:20220811101627j:image

それほど美味しくもないソースの大瓶が3本も。。

それほどソースは使わないから、多分2年。

 

これを使い終わるときはどんな世界になっているのだろう?

ウクライナの戦争は終わっているだろうか?

岸田さんはまだ総理大臣をやっているだろうか?

コロナは収まって、また街中に中国からの観光客で溢れているのだろうか??

 

そういえば。

昔、親戚のおばあさんが、親戚の集まりで、世の中を憂いていた

「このままでいたら、北朝鮮が攻めてくる。大変だ大変だ。」

と大声で騒いでいた。

北朝鮮がミサイル打ったりと動きが活発な頃だったのだろう(今も活発だが、世の中が慣れてしまって話題にもならないけど)

ちょっと大袈裟だったけど、あながち無いことでも無いなと聞きながら思っていた。

親戚の集まりの時は、誰が変なことを言っても反論はしないことにしている。あとが大変になるから、話は全てスルー

 

結局、北朝鮮は攻めて来なかったが、そこのおばあさんの家は商売で不渡りを出し、そのショックでおばあさんは寝たきりの認知症になってしまった。

あれだけ元気に世の中を憂いていたおばあさんが数年で変わり果て、家はめちゃくちゃになり大変なことになってしまった。

本当に気の毒な最後だった。

北朝鮮が攻めてくる!と元気に叫んでいたおばあさんの姿は、親戚皆印象に残っていたようで、

北朝鮮は攻めて来なかったけど、別のものが攻めてきたねぇ。

おばあさんのお葬式で、親戚は皆呟いていた。

 

ひと様のことを憂いているより、自分の足元を見ておかないと、大変なことになる。と、皆、心に刻んだ出来事だった。

 

だから。

何年後か。。みりんが無くなったとき、楽しい気持ちで、注文出来るように、キッチリと足元を固めておこう。

たかが「みりん」だけど、みりんのおかげで、色々思い出せた。

世の中無駄なことはないものですねぇ。

 

うなぎが無くなった

暑い。

暑くても暑くなくても鰻は美味しい。

我が家の近所の鰻屋さん。

入り口の狭い水槽に所狭しと鰻が泳いでいて。

居酒屋も兼ねている店舗は、お世辞にも綺麗とは言えないし、もの凄く狭いのだけど。

いつもお客さんで一杯だった。

我が家はいつもテイクアウトで、お店に受け取りに行くといつもお店はお客さんで一杯だった。

普段はもちろん、コロナでお酒が出せないときも、いつも一杯だった。

お酒がなくても鰻はあるからそれでお客さんは充分なのでしょう。

テイクアウトは鰻重だけだけど、お店で食べるとまた違う美味なものもあるらしい。

テイクアウトの鰻を待ちながら、楽しそうに食べて飲んでる人たちを見るのも結構楽しかった。

遠くまで上等のお店に行かなくても、ここで充分だよねぇ。と年に何回か、鰻を頬張る日を設けていたのだけど。。

 

半年ほど前に。閉店した。。

 

車で通りかかったら、お店の雰囲気が違うからあれ?と思って、車を降りて確認したら、

お店は空っぽになっていた。

気づいたのが遅いのか閉店のお知らせの張り紙もなく、とにかくお店が無くなっていることだけがわかった。

あんなに繁盛していたお店だから、何処かに移転したのかな?と期待してみたのだけど、隣の八百屋のおじさんに聞くと

「もう忙しいのに疲れたらしいよ。ゆっくりしたいって辞めちゃった」

とのこと。。

 返す返すも残念な閉店。

 

店が閉まればまた別の良いお店が見つかりそうなものだけど、我が家の周りは本当にどんどん減る。

そして新しいお店も出来るのだけど、これが皆「残念」なお店ばかりで、

例えば。。

焼き芋屋が出来た。

3種類のお芋を焼いていると外に書いてあるから、どれにしようかな?と入っていったら、1種類しかない。「他の種類は?」と聞くと、即座に「ありません!」と返事がきた。

今日だけがないのか、明日になったら入るのか?何の説明もなく、「ありません!」で終わる。

「そうですか。わかりましたぁ。」

と、言って出てきた。

そこで私との繋がりは切れた。

個人店なので応援したい気持ちはとてもあるのだけど、いきなり、「No」を突きつけられてはもうどうしようもなくなる。

 

うなぎに戻るけど。。

美味しい鰻が食べられなくなって、初めての夏。スーパーには鰻が山ほど並んでる。

でも、あの鰻屋さんの鰻に比べたら、どの鰻も大したことはないことはわかっている。

結局、安くて大きめの鰻を一枚買った。

家に帰って、鰻を魚焼器でタレをつけながら焼いた。

それをザクザクに細かく切って、香味野菜(つまみ菜、茗荷、青ネギ、大葉)をいーっぱい切ったものに混ぜ合わせた。

それをご飯と混ぜ合わせて、

自家製「ひつまぶし」の出来上がり。

家族にはかなり好評で、87歳の母は無言でおかわりしていた(笑)

この夏の我が家の「鰻」はこれでおしまい。

美味しい鰻屋さんを見つけるまで、これで行こうと思う。。

早く美味しい鰻重食べたいなぁ。。

 

 

やっぱり歩かないとダメらしい(笑)

先週熱を出して(コロナではない)から、もう1週間以上たつのに、シャキッとしないので、プールに行ってみた。

 

いつも通ってる水泳教室は夏休み。

混んでる時期はお休みの様子

 

教室がないとモチベーションが上がらず、自分で泳ぎに行くことはない。。

今回、それでもプールに行こうと言うのは私としては画期的で。。((笑))

とにかく、行ってスカッとしようと。

 行けば泳ぐし、気持ちが良いし、楽しいのだけど。。

当たり前だけど、

夏休みのプールはごちゃごちゃしてる。

普段の平日の昼に見ることのない、お子さま達や、はしゃいでる学生さん。

夏を満喫してますねぇ。と、見ていたのだけど。すぐに、賑やかさに気疲れした。(笑)

結局適当に泳いで、プールを後にした。

プールを後にしても、シャワーもロッカーも最後はお手洗いまで、わいわい天国になっていてなっていて。。

夏休みは、私はプールお休みにしよう!

と心に決めた。

空いているときに使わせてもらおう。。

 

途中いつもお世話になっているコーチと会って、立ち話をした。

水泳しないから運動不足でー

と言うと、

「水泳だけだと、筋肉だけで骨、鍛えられませんからね。気をつけてくださいね」

と、全てをお見通しというようなアドバイスをいただいた。。

水泳は浮力で身体の重さを感じなくなるから、それで筋肉を鍛えるのはとても良いのだけど。

骨を鍛えることはない。。

 

確かにねぇ。。

 

もともと歩くの嫌いなのに、この暑さで益々歩かない理由が出来た(笑)

 

ちなみに、アドバイスしてくださったコーチは、お子さんもまだ小さい若いコーチなんだけど、水泳の仕事以外にもトライアスロンを趣味としてキッチリ鍛えてらっしゃる。

 

どうにかしなくてはいけない。。

歩くことが好きな人は、どうして好きなのだろう??

というか、わたしはどうしてこんなに歩くのが嫌いなのだろう???

 

この夏の課題になりそう。

課題で終わらないように頑張ります(笑)

 

 

 

 

 

 

8月6日は語らないけど

8月6日になると、祖父に連れられて原爆慰霊祭に行った時のことを思い出します。

何回も行きましたが、いつも暑い日でした。

あの日も暑かったろうなぁと、水を求めて飛び込んだという川を眺めて、どんなに辛かったろうなぁと。

原爆投下時間になると街中の寺や教会の鐘が鳴り響きます。

黙祷しながら、鐘の音を聴き何とも言えない悲しい明るい音が「綺麗だなぁ」と、聴き惚れていました。

 

私の母は広島出身

原爆が投下された時は、小学校四年生で一家で疎開していて無事でした。

しかし、祖父は山口に出張していて、行方が分からず。

親戚も大勢広島に住んでいるので祖母は心配で仕方が無かったそうです。

 今の原爆記念公園のところに住んでいた家族は全員無事で疎開先に逃げてきました。大きな傷もなく良かった良かったと言っていたものの、ちょっと調子が悪くなったと思ったら、次々と亡くなったそうです。1人だけ、意識不明にはなったものの、なんとか一命を取り止め、90歳近くまで、元気に生き抜きました。

 もう一つの家族は、もうすぐ疎開するということで、8月5日に送別会を開いていたそうです。原爆が投下された時は(8:15)は宴会疲れか?皆寝ていたそうで、布団に入ったまま全員爆死していたそうです。

 山口に出張していた祖父は、まっすぐ家族のいる疎開先には帰らず、広島に行き、親類の生死を確認、住んでいた家の確認に行ったそうです。

そこで、弟家族の爆死を確認、家も焼けていて管理をして貰っていた夫婦も亡くなったことを確認し、遺体の処理をして疎開先に帰ってきたそうです。

 原爆投下直後に広島に入ったことで、放射線の影響かしばらく下痢が続いたそうです。

 

 祖父は事後報告はしたものの、その時の惨状はその後一言も語りませんでした。もちろん孫の私にも。

 

 祖父は毎年原爆の日は欠かすことなく、原爆記念公園に行き、慰霊祭に参加していました。

 お墓も自分の家の墓よりも大きな立派なお墓を作り、年に何度も墓参りをして、これ以上ないほど供養をしていましたが。

 原爆死没者名簿に亡くなった親戚の名前を入れることはありませんでした。

 いまだに名簿には記載されていません。

 

祖母が「いい加減に広島市に報告しないと」と祖父に言うと、穏やかな祖父が声を荒げて「うるさい!」と怒鳴り返して、びっくりしました。初めて祖父の怒鳴り声を聞きました。

 

祖父なりの原爆に対する怒りがあるのだと思います。その怒りが何なのか、誰にも話すことなく亡くなりました。

 

原爆を経験された方の経験談を伺うと、あまりに酷い惨状に耳を覆いたくなります。

祖父は何も話さなかったけれど、その怒りは充分に伝わってきました。

私にはそれで充分、原爆への怒り、戦争の怒りは伝わりました。

 

悲惨さを語ってくださる方、余りに悲惨で何も言えなくなる方。

祖父は声に出して伝えることは出来なかったけれど、充分な語り部でした。

 

私は何の体験もしていないし、伝えるものは何もないけれど。

核は持ってはいけない。

戦争も絶対やってはいけない。

それだけは、伝えていこうと思います。

 

 

 

 

ドロドロ。。

いやぁ。。

大河ドラマの鎌倉殿。。

見応えありましたねぇ。

あのドロドロの時代。私はいつもドロドロ過ぎて途中離脱してしまうのですが。。

今回は、引き付けられます。凄いです。

三谷幸喜さん。さすがです。

 

さて、ちょっと休憩していたチェロの練習もやっと再開しました。

一度休んでしまうと、サボりぐせがついてなかなか復活できず(笑)

1週間ぶりの再開になりました。

当然のことながら、1週間のブランクは大きいです。

休んでる間、休んだおかげでぐいん!と上手になるのでは?とアホなことも考えたりしましたが。現実は違います。

下手が益々下手になりました。

練習しなくちゃ。

 

サボってる間に読んだ本。

f:id:pokuchan:20220807211353j:image

 

ミッシャマイスキー 74歳

今も活躍するチェリストです。

その半生をインタビューしたものをまとめたものです。

ラトビア出身(昔のソビエト)でユダヤ人。

お父さんもユダヤ人であるために仕事を追われ、家族は貧乏したそうです。

それでも家族は音楽を学び、特にマイスキーは同じソビエト人のロストロポービッチに認められますが。

姉がイスラエルに亡命したために逮捕され強制収容所に一年半送られます。

出所してもそのまま軍隊に送られそうになったため、友人に頼んで精神病院に入院して兵役を逃れます。

その後、イスラエルに出国。

出国を認めてもらうために、膨大なお金を国に払ったそうです。

すべて、ソビエト時代の話です。

鎌倉時代に負けないドロドロの世界。

鉄のカーテンの向こうは、やはり凄い世界だったようです。

 

今のロシアもドロドロは続いているのでしょう。

いったいいつまで続くのやら。

平和を願うとともに、今平和な地でチェロが練習できることを感謝して練習にいそしみたいと思います。