チェロとお昼寝

趣味のチェロとか とにかくもろもろ。アラ還主婦のつぶやき

反省も大切ですが、感謝の方がもっと大切だと思う

夕方の駅ビルのエレベーター

平日の夕方というのに、結構混み合っています。

ドアが閉まりかけたところに、老人の男性が無理矢理飛び込んできました。

当然のことながら、老人男性はドアに当たってしまい。もちろん センサーが感知して開くので問題は無かったのだけど、エレベーターの中は、ちょっとざわつきました。

中にいた私も「おじいさん危ないよー」とおじいさんの無謀な動きにイラッとしたのだけど。

 

ぶつかって開いたドアから、

「もー。危ないことやめてよー」と奥様のような(何もかもシャキッとしてる感じの)方がおじいさんの後から乗り込んで来られました。

 

 

ご主人の動きを見ていると、色々やらかしてきている感じ。(笑)

あー、おじいさん怒られるわーと。。

ちょっと気の毒だけど、まあ仕方ないわなぁと思っていたのですが。。

 

 

エレベーターは、無事閉まって上に向かって上がり出しました。

すると、ボタンの前にいたお兄ちゃんが

「すいません。気がつかなかったもんで、間に合わなくて」

と、すぐにおじいさんに謝ったのです。

結構チャラい感じのお兄ちゃんだったけど、

姿とは全然違う誠実な態度で、

ボタンを「開」に押さなかったことを謝ってるんです。

もちろんお兄ちゃんに非はないです。

無理矢理突進してきたおじいさんが良くない。

みなそう思ってると思いますが。。

でも、お兄ちゃんは謝った。。

 

お兄ちゃんすごい。

 

私なら絶対しない。

でも、お兄ちゃんは、「自分が気がつかなかったからおじいさんをドアに挟んでしまった」

と、反省してる。

えらいもんだわ。。

 

すると、さっき文句を言いながら入ってきた奥様。

おじいさんに文句をタラタラ言うのかと思いきや、

「最近は若い方々に色んなところで助けてもらって、本当にありがたいんです。本当助かる」

と、お兄ちゃんにお礼を言ってる。

 

突進してきたおじいさんも

「うん。今日、助けてもらったの2回め」

と、嬉しそうに呟いていて。。

 

お兄ちゃんは、「いえいえ、それほどでも」と言いながら、物凄く嬉しそうで。

そして混み合っていたエレベーターの中も、物凄くほんわかして。。

 

いやあ、よいもの見せていただいた。

と、感動しました。

 

こういう時、私も含めて、介助している人は、お年寄りを怒ります。

もちろん危険だからなんだけど、それ以外に周りに迷惑かけて申し訳ないのと、またやった!とやるせない気持ちが混ざり合って、怒ってしまい。。

お年寄りは、小さくなってしまって。

側から見ると辛くなる光景です。

でも。怒ったところで、お年寄りはすぐ忘れるんです。

子どもも忘れますが、それ以上に。

だから怒ってもあまり効果は無いんです。

 

あのエレベーターで、

奥様が怒ったら

怒らなくても、

周りに「本当に申し訳ありません!」

と平謝りに謝られたら。。

 

どちらにしても、周りは重苦しい気持ちになっていたと思います。

でも、あの時、

「助けて頂いてありがとうございます」

と、明るく感謝してくださったおかげで、周りはとても明るくなり、みんなが幸せな気持ちになった。

反省も大切ですが、反省だけでなく、周りに感謝はもっと大切だし、結果としてみんなが幸せになれる。

こっちの方が良いかも!

 

まずは、

明日からは、怒ることなく。

明るく対処しよう。

母だけでなく、家族にも。

 

と思ったものの。

 

息子が訳のわからないことをして、むっとし。

怒っちゃいけないと思いながら、怒りはしないけど、かなり圧のきいた、ドスのある声で喋ってしまった。。

 

すぐには出来ない。

あくまで目標ということで(笑)

 

わたしの献立日記 (中公文庫)

昭和41年10月6日(木)

牛肉となすの煮付け

豆腐の揚げ出し(かつお節)

いんげんのごまあえ

わかめの味噌汁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ いいか

10月

玄関飾りは、ハロウィンに

f:id:pokuchan:20221005111945j:image

今やハロウィンは祝う(飾る?)ことが当たり前のようになってるけど、ちょっと前は「外国のもの」だった。。なぜこんなに盛んになったのでしょう?

 

私もそんな流行り物に抵抗感があったのだけど、子どもが生まれると、周りと一線を置くことは出来なくて。。結局、ハロウィン祭りに行ってお菓子を貰ってきたり(仮装道具まで買った💦)家を飾ったり。

充分に楽しんだ。

 

今は、息子も興味を示さない年になったのに。

私はまだ、飾りものをせっせと飾っている。

なんかちょっと変だなあと思うけど

 

まあいいか。

 

ハロウィンの飾りものをしていたら、玄関のタイルを磨きたくなった。

と、書くとしょっちゅう磨いてるようだけど。。

もう、10年以上磨いてない。。

タイルが茶色なので汚れが目立たないのもあって、罪悪感がでてこないでほっておいた。

ほこりを取るくらいしかしていなくて、でもよく見るとマダラ模様になっていて、明らかに汚い。

 

やる気になったときにやらないと、またやらなくなるので。

さっさとネットで

「玄関タイル 黒ずみ」で検索した。

なんでも、メラミンスポンジとサンポール(トイレ掃除用)を使うと劇的に汚れが落ちるらしい。

サンポールには塩酸が入っていて、この酸性がよく落ちるとか。。

 

メラミンスポンジはあったけど、サンポールがない。

でも、同じトイレ掃除洗剤の「ドメスト」があった。

同じ、トイレ掃除用だから良いだろう。

ドメストは我が家のトイレ掃除には必須でとてもよく汚れを落としてくれる愛用品。

これが玄関まで綺麗にしてくれるなんて素晴らしい。

 

まず、突然「ドメスト」で洗うのはいきなりすぎだろうと思って、前座として水を流してメラミンスポンジでゴシゴシやってみた。

これだけでも結構綺麗になった(なんせ10年以上の汚れなので)でもまだマダラ模様が残ってる。

そこで、ドメストをかけてみた。

ネットでは、薄めてかけろと書いてあったけど、面倒になって、原液をかけてみたら。

かけただけで、色が変わって綺麗な赤茶色が出現した。

あーすごい!

そこで、メラミンスポンジでゴシゴシやった。

さっきの水でゴシゴシやったのとは全然違う綺麗さ。

嬉しくなって、どんどんゴシゴシ。

終わったら、水をかけて、またゴシゴシ。

最後に雑巾で何度も拭いて、洗剤を取った(つもり)

物凄く時間のかかることだと思っていたけど、マンションの狭い玄関だし、すぐに汚れが浮いてくれたのであっという間に終わった。

なんだ、こんなに簡単ならさっさとやれば良かった。

f:id:pokuchan:20221005114058j:image

タイルの色が一枚一枚違ってこんな模様だったとは。。

知らなかった。。(笑)

 

さすが、酸性の洗剤は強力ねぇ。

と、しきりに感心した。

ふと、使った「ドメスト」の成分表をみたら、

「次亜塩素酸」「アルカリ性」と書いてあつた。

 

酸性じゃないじゃん!

 

でも、アルカリ性でも充分綺麗になったし、黒ずみもとれた。

 

まあ、いいか。。

 

オススメの「酸性 塩酸」で掃除をしたらもっと綺麗になるのかも知れない。

でも、今回の綺麗さで私は充分満足なので、

よいことにした。

そのうち酸性でやってみよう。

そのうちね(笑)

 

わたしの献立日記 (中公文庫)

昭和41年10月5日(水)

かます干物

かまぼこ

里芋とこぶの煮物

大根のかす汁

 

 

趣味の思いは人それぞれで

チェロを弾くのは楽しくて。

合奏するのも楽しくて。

ついつい、やり過ぎてしまうのだけど。

 

ここで気をつけなくてはいけないのが、

「他の人も同じ!と思ってはいけない」

こと。

 

集まって来る人は、みんな弾くことが

「大好き」な人なんだけど。

みんなそれぞれ「程度」

が違うんだから、周りに無理させちゃいけない。

 

例えば。

合奏の練習で

弾けないところがあって、頑張って練習する。何とか弾けるようになって、次の合奏のときは、音楽に乗れて益々楽しくなる。

 

ある日、周りを見渡すと

演奏会が物凄く近くなってるけど、まだ弾けないようで苦労してる人もいる。

チェロが物凄く目立つから、ここは弾けると気持ち良いだろう。逆にズレると目立ってしまうから、なんとかならないかなぁ。と思う。

 

学生時代なら、「ここ練習しようか」と一緒に練習してみたりして、厳しめに「ここ練習してね」と練習を促すことは、OKだったけど、社会人は❌

 

そう。調子に乗ってはいけないのです(笑)

 

基本は  黙って見守る。。こと。

別に弾けなくても、世の中はどうなる訳ではない。

演奏が止まるわけでもなくて、指揮者だってわかっててもわからないふりをしてくれるし。

何も言わない。何も言わない。

 

もちろん、どうやって弾くの?と聞かれたら親切に、丁寧に知ってる限りの知識をお知らせする。でも、聞かれるまで教えちゃいけない。

 

それぞれのペースがあるし、忙しくて練習出来ないのかもしれない。他に楽しいことがあって、チェロに時間が取れないこともあるでしょう。

それを理解した上で合奏に参加しないと、続けられないのがわかっているから。

 

でも、たまに、いや結構よく、練習不足の人にあからさまに、注意する人がいる。言ってることは本当で、悪気があって言ってる訳ではない。音楽を少しでも良いものにしたくて言ってるんだけど。。

大概言われた方の何人か(上手な人が多い)は逆ギレする。

本当のことだから、言いにくいことを言ってくれてるんだから、素直になろうよ。と思うけど、無理らしい。

あり得ない形で反撃したりしていて、ろくなことにはならない(笑)

 

それを見ながら、「私は絶対に他人は非難しない」と心に誓う。

 

個人レッスンも、色々。

発表会の時に、聴いてるとハッキリとわかる。

みんな楽しんでるのだけど、

それぞれで向き合いかたが違う。

物凄く真剣に向かいあっている人もいれば、

「もうちょっと頑張れば?」

と、いう人も。

でも、それぞれが音楽を楽しんでるんだから、邪魔しちゃいけない。

それぞれがお互いの楽しみ方を尊重して、一緒に楽しめば良いと思うことにしている。

 

もうひとつ

心に決めていること

真剣に向き合っている人に、賞賛の言葉は向けても、否定的なことは言ってはいけない

 

悪気はないのだろうけど、

えーそんなに練習してどうするの?

と真剣に言ってくる人がいる。

真意はよくわからないけど、差がつくと面白くないから辞めて

ということらしい。。

余計なお世話だ(笑)

 

家のことちゃんとやってたら、練習なんてできなのよ。

と、なんか非難してくる(確かにちゃんとやってないけど(笑))方も。。

あんた、ランチしたり、メールしたり、テレビ見たりしてるでしょ。

その時間削れば練習できるでしょ!

と、思うけど

そんなことは絶対に言えない(笑)

そんなことを言ったら、物凄く大変なことになるから。。

 

かく言う私も、頑張ってる人に

「えーそんなに練習してるんだ。」

と、取り方によっては、否定してるような言い方をしてしまうことがあって。

後から物凄く反省する。

どうして、褒めてあげなかったのだろう。。

と。。

 

音楽を楽しむという行為は同じだけど、中身は全然違うので。

一緒に楽しんでるけど、1人で楽しんでるところも多い。

趣味もおおぜいでやる趣味は、物凄く気をつけなくてはいけない。

 

それでも、やってると楽しい。。

 

練習帰りは、クタクタになりながらも、るんるんしている自分がいるので。

面倒だけど、やっぱりまたやるか。

と思う。

 

病気だわね。(笑)

 

わたしの献立日記 (中公文庫)

昭和41年10月4日(火)

すきやき

さつま芋甘煮

大根

油揚げの味噌汁

 

 

 

 

追っかけられる人生。。

今日は韓国語のレッスンでした。

レッスンが終わって、ホッとして。

韓国語は宿題も多いし、テストもあって、終わると、本当にホッとするのです。

そんなにアタフタするなら、やらなきゃいいのに!と時々思うのですが、やっぱりやってると楽しいので。。

そんな、アタフタが終わってホッとしていたら、予定表を見たら、明日がチェロのレッスンだった!

あれ、もっと先だと思ってたのに!

やばい、ソルフェージュ全然やってない!

 

チェロも毎日弾いてはいるものの、やっぱりレッスン前日になると集中力がぐーんと上がります(笑)

気がつくのが遅いから。。

なんか中途半端な演奏になってる。。

 

やばい。。

 

未だに、会社員時代の夢を見ます。

もう20年以上まえに退職した会社。

月に一度月報会というものがあって、1か月の成果を報告する。(私の場合は研究職でしたので、実験報告)

前日は資料作りに大変でした。

まだまだ手作り感いっぱいの資料で、データをまとめたり、書類としての体裁を整えたり、直属の上司がチェックしてくれるのですが、それが厳しくて。。毎月胃が痛くなっていました。

 

夢にもその直属の上司が出てきます。

「出来た?」と夢の中で上司は私に聞くのですが、私はいったい1か月何をしたのか覚えていなくて(やってないんだから覚えていなくてフツーです(笑))どうしよう。資料作れない!と困り果ててるところで、大概目が覚めます。

 

あの時ほど切実感はないものの、今もまだ、どうしよう!とアタフタしているのはあの頃と同じです。

 

追っかけられてるときは「嫌だ、嫌だ、」と思っているけれど、終われば解放感に満ち溢れるし、なんだかんだで、緊張する時間も大切だと思うので、このくらいの緊張は必要かな?とも思っています。

 

予定を決めて、それにそって確実に進めていく人生を送りたい!

と、何度も思ったのですが、最近は「私には無理な話だ。」と妙に簡単に諦めるようになりました。

 

だから追っかけられる(笑)

 

逆に言えば、追っかけられなくなったら、楽ちんではあるけれど、結構つまらない毎日になりそう。

 

ほどほどに、追っかけられる人生。

私には丁度よいのかも知れませんが。。

やばい、チェロ、ソルフェージュ全然やってない!

 

頑張ります!

わたしの献立日記 (中公文庫)

 

昭和41年10月3日(月)

茶碗蒸し

枝豆のおろしあえ

大根と牛肉の煮もの

しじみの味噌汁

 

手を抜くとレパートリーがひろがった

数年前、日本料理の教室に通っていた。

先生は80歳を超えたおばあさま。

茶道の造形も深く、料理は「本物」を追求するタイプ。魚も築地に買い付けに行って、魚の捌き方から教えて下さった。

とにかく、料理は「丁寧に」がモットー

その方に何年も教えていただくと、当然頑張って料理をするようになるのだけど。

大変なんです(笑)

ひとつひとつが。

ちゃっちゃとやる料理なんて無いので、とにかく時間がかかるんです。

でも、「丁寧に」料理をしなくてはいけないと思ってるので、かなり頑張ったのですけど。

 

そこの料理教室を辞めて、数年。

段々とその呪縛が解けてきて。

「簡単に」やってもよいのではないか?

と、思うようになってきた。

 

世の中便利なものがあるんです。

胡麻和えも、胡麻ペーストを使ってやれば、すぐできる。胡麻を30分くらい擦り続けるのも確かに美味しいけど、それをやらなくてはと思うと自然と胡麻和えが食卓に出なくなってきて。。

 

天ぷらも、冷たいお水を作って、小麦粉を入れて卵も冷やして。なんてやってると台所は粉で凄いことになるし、とにかく面倒。

 

で、色々手抜きさせていただくことに。

 

世の中便利なものが色々あって。

 

まず。寿司酢を買ってみた。

 

そしたら、しょっちゅうバラ寿司とか、稲荷寿司とか寿司メニューが簡単に出来ることが判明して。

 

今日は、バラ寿司と天ぷら

 

天ぷらは、レンコンと茗荷と大葉。

今はレンコンの季節なのかしら?

安く売っていたので購入。

茗荷も「秋茗荷」とかいう、小さめの茗荷が特売で

卵の要らない天ぷら粉を買って、作ってみると本当に手軽。

野菜天ぷら、好評でした。

 

親世代は手をかけることが美徳という信念の人が多いのだけど。

それを信じて私もやってきたけど、

ちょっと手軽にすると世界も広がることがわかって。ちょっと嬉しくなっています。

 

わたしの献立日記 (中公文庫)

昭和41年10月2日(日)

栗ご飯

野菜のごま煮

なめこ、豆腐の味噌汁

 

 

コーディネートを決めた

今週のお題「マイルーティン」

 

レディースファッションというのは、物凄くて

物凄い種類の服がこれでもか、これでもかと売られている。

ズボンだけでも長さ、太さ、色、布地が違って、カジュアル路線か、通勤着か、セレモニー用かでまた全然違うし、

上着に至っては、それに襟の形とか薄手か厚手かとか、途方もない種類あって。

それが少しずつ流行が変わっていくから、それほど流行を追っていない私も自然と洋服の数が多くなってきて。

そして訳がわからなくなって。。

 

ファッションが大好きな人は、コーディネートを考えることも楽しいのだろうけれど、私は、それほど好きでもなく、なおかつコーディネートを考える能力もない。

だから、余り時間をかけたくないのだけど、あまりにも酷い格好は嫌だからと、どうしても時間がかかってしまってイライラする。

 

制服があれば良いのに。。と真剣に思うことも。。

そうか、制服か。。

ということで、着る物を制服化させてみた。

 

とは言っても、決めたその日から今までの服を全部廃棄して買い替えることなど不可のなので、何年かかけて少しずつまとめて行っている。

 

コンセプトとしては、

家着はチュニックとパンツ

外着はワンピース

 

どちらも、「楽ちん」な服

 

締め付けない、出来れば触り心地の良い布地を選ぶ。

 

寒くなってきたら、厚手のものにしたり、下にババシャツやモモヒキ(笑)を着て、防寒対策。

 

今後は、決めたコーディネート以外のものは買わない!と固く、固く決意して。。

 

やってみると結構楽だ。

 

まず、家着は、3着しかないので、朝何も悩むことなく、考えることなく手にとって着る。

寝ぼけ眼で、「何着ようかな?」と悩む必要がないのはとても楽ちん。

 

外着のワンピース だがこれはまだ途中。

でもスカート と合わせる上着を決めてしまった。だから6種類くらいある、決められたコーディネートの中からひとつ選べばあとは決まってる。

こっちのシャツがよいとか、悩まなくてよい。

 

コーディネートが決まると、時間の節約だけができると思っていたのだけど。

心に余裕が生まれるせいか、アクセサリーとか、スカーフとか追加の用品に気を回せるようになった。

 

あと、「あ!これ可愛いから買っておこう。便利だしー」とか考えて衝動買いをしていたがそれが全くなくなった。

 

コーディネートを決めると、必要、不要の洋服を見分けることが出来るようになってきて、断捨離に繋がった。

狭い洋服ダンスも、少しずつ隙間が出来るはず。

 

時間も空間も、余裕が出来ると思った以上に清々しい。

 

わたしの献立日記 (中公文庫)

昭和41年10月1日(土)

焼肉

さやいんげん胡麻酢あえ

みょうが、油揚げの味噌汁



 

ボロディン絶賛練習中

来月(10月)のアンサンブルは新しい曲

ボロディンです。

弦楽四重奏曲第2番の第3楽章「夜想曲(ノク ターン)」。

実は私、この曲のことは全く知らず。。

「次の曲はボロディンです」と言われても、

「そうか。ボロディンなんだ」

と思うだけ。

世話人の方からわざわざ

「練習日この日にしようと思うんですけどご都合いかがですか?」

とメールがきて。

 

なんで、私の都合を聞くんだろう?と思いながら

「大丈夫です。参加しまーす」

と、答えて。

 

世話人の方は、心配だったようです(笑)

このボロディンの曲、チェロのソロが物凄く多くて難しい。

難しいってこと全然わかってないけど、こいつ大丈夫か?

と、思ったらしく、楽譜を添付させて送ってくださいました。

 

ここらへんで流石の私も、あれ?難しいの?

と気がついて。。

 

やっと楽譜を読み出す始末。。💦

 

確かに難しい。。

しかもソロ。

 

恥をかくのは必至ですが。。

 

もう今までどれだけ恥をかいているか。

面の皮は物凄く厚くなっていますので、

それに、回りの弦楽器の方々が伴奏してくださる中、ソロができるなんて。。。

滅多にないことですので、ちょっと楽しみでもあります。(どれだけずうずうしいんだか。。)

時間的にも3週間あるし。

 

頑張ります!

 

わたしの献立日記 (中公文庫)

昭和41年9月30日(金)

栗ご飯

わらさ照り焼き

大丈夫枝豆おろしあえ

油揚げ、ネギの味噌汁