チェロとセミリタイア生活

趣味のチェロとか お気に入りとか日々の発見とかアラ還女の視線でお届けします

暗譜にトライ

チェロの先生の発表会。
毎年やっているのですが。
今年は、まだ日程が決まらない。。。
というか、まだ会場予約してない。。

コロナっていうのが大きな原因なんですけどね。
今は新しい予約も取れないし。

いつも憂鬱な発表会ですが。。
今回は私、とってもやる気なのに。。
なかなかうまく回りませんねぇ。

私は、目標が無いとすぐサボる。
何でも理由作ってサボります。
だから
このままでは、ダレる。。

なら、
目標を作れば、良いんだ!
と言うことで

考えた結果。

暗譜する!ことにしました。

いばるほどのもんじゃないだろう!
と言われそうですが。

私は物凄く覚えるのが苦手で。。
本当に覚えられない。
歌の歌詞とか、全くダメだし。
「いつのまにか」頭に入っている。
という経験がなくて。。。

よって。
この、チェロの曲を暗譜する。
ってことは、普通の方々よりも、もっと全然大変なことなのです。

じゃあ
何も、暗譜しなくても良いじゃない?
と言われそうなのですが。

ちょっとこの言葉が心に刺さって。。

何度も登場している
千住真理子さんの御本の中から
ヴァイオリニスト 20の哲学
ヴァイオリニスト 20の哲学

「暗譜の定義」

暗譜すると言う事は、その曲を完全に体内に吸収する、と言うことになるからです。咀嚼し、血となり肉となり自分の声となって、自分自身の音楽が滲み出る、そこを大切にしたいと思う方はぜひ暗譜をして演奏することをお勧めします。

出来る出来ないじゃなくて。。
挑戦してみるのも良いのではないかと思って。。
やってみます。

昔、ピアノをやっているときは、右手、左手をそれぞれ覚えてあとは両手でひたすら
何度もやって覚える。
いわば指と耳、ちょっと頭を使って暗譜していましたが。
若かったし、何より自己流なので。

その自己流だけでやるのは、ちょっとおバカかと思ったので。
暗譜のやり方を学んでから
やってみようかと。。

これについては
また今度。。
今日は決意表明でした。
(笑)
↓ポチお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ