チェロとセミリタイア生活

趣味のチェロとか お気に入りとか日々の発見とかアラ還女の視線でお届けします

クラシックも新時代

ショパン国際ピアノコンクール
終わりました。
結果発表が遅れに遅れて、4時間遅れ。。
現地時間午前3時過ぎでした。
ファイナリストの方々も12人のうち4人は演奏したばかりで、疲れ果ててるだろうに、結果発表そんなに遅れて。
お気の毒と思うと共に、揉めたんだろうなあと。。。
2位が2人、4位が2人ですから。

レベルが違いますが、私もソワソワしてました。
日本時間朝6時半(現地夜11:30)に発表というので、お弁当と朝食作りながらスマホをチラチラ。
でも、発表する雰囲気すらない。。
朝食を終えて、息子は学校に出かけ、また見てみると
ファイナリスト12人のトークが始まっていた。。。
現地は真夜中ですよ。
小林愛美さんとか、さっき弾いたばかりで疲れるみたいで、一応笑顔見せてるけど明らかに疲れてる。コメント求められて、しどろもどろ。。英語ってこともあるんだろうけど、アメリカに留学してるから言葉には問題ないはず。もう頭真っ白なんだろうなぁと思いながら、気の毒にと思いながら待つ。
トークも終わり、時々配信を覗いてみるとスポンサーのコマーシャルばっかりやってる。やることないんだろうなぁ気の毒にと思いながら、また家事に戻る。
もういい加減に発表してあげなよと10時半ごろ覗いたら、発表されてた。
あんなに待ってたのに、終わってた(笑)
相変わらず、トロイ。。私。。。

反田恭平さん2位
小林愛美さん4位

今までの最高位が1970年の内田光子さんの2位ですから、最高位です。
正直カナダのBruce Liu君は別格で、優勝だろうなと思っていたので、反田さんの2位は妥当だろうし
小林さんは3次がものすごくて、私の中では反田さんより上と思っていたのですが。
最後のコンチェルトでパワー不足が否めなくてちょっと順位を下げてしまったのかなと思っていて。
4位は仕方ない、と言うかそれだけでも素晴らしいことですけどね。
反田さんは、最後のコンチェルトがすごくて。
後のインタビューで、ファイナルでワルシャワフィルとコンチェルトを弾くことが夢だった
とおっしゃっていたので、ちょっと力の入れ方が普通じゃなかったのかもとも思いました。

ロシアの17歳 Evaちゃん
中国の17歳のHal Rao君
は、コンチェルトで「まだ17歳」という感じになってしまったのですけど。
でも、それまで素晴らしかったから入賞すると思っていたので、あららと思いました。
でも、良い意味で「まだ17歳」なので、次回に期待したいです。
4年後でもまだ21歳ですからねえ。

コンクールも変わりました。
3大コンクールのショパンコンクールと言っても、今までは中継など全くなくて、結果だけがニュースで流れるのみでした。
ところが今回は、1次予選がから全ての演奏が配信で見られて。生中継はもちろん、録画もあるので世界中の人がいつでも、どこでも、何度でもみることができます。(私はそれで、見続けてしまって大変なことになりましたが(笑))

正直、東京オリンピックも放映権だのなんだの言ってないで、こうやって配信すればみんなが楽しめたのにと思います。競技種目が多くて、人気の低い種目は、全く放映されない。しかも観客ゼロですから、家族も応援にもいかれない。せっかく頑張ってオリンピックまで到達されたのにその姿を見られないのは、本当に残念なことだったと思います。

話戻って、コンクール
待ちに待った結果発表ですが。
その状況は、とても3大コンクールの発表という感じではなく、ものすごく素朴でした。福引のあたりって感じで。。アカデミー賞の発表みたいに、司会者が「それでは発表します!」と盛り上げて、太鼓が「どどどどど」となって、「第2位反田恭平さん!」と言われて、涙の中舞台にあがっていくような状況を想像してたんですけど。
ガヤガヤしてる中、審査員が階段3段くらい上にいて、おじさん(審査委員長なんだと思う)が、ボソボソと名前を読み上げる。なんか聞こえにくくて(実際、音が反響して全然聞き取れなかったらしい)本当に自分なのか周りに確認してから喜びをあらわにするという、賞の大きさの割りに発表の仕方がフランクすぎて笑えるほどでした。
実際には、あとできちんと授賞式が行われるのだそうですが。。。。それにしても。。。。

でも楽しませてもらいました。
そして日本人アーティストの凄さを初めて知ることができました。

今回受賞した、反田恭平さん、小林愛美さんはもちろん、3次予選で残念だった角野隼人さん。
「日本人は個性がない」と言う話がどこに行ったの?と思うほど、個性的で魅力的な若者たちでした。
個性的というと、枠をはみ出て、破天荒と言うイメージがくっついてきますが、
いえいえ、この人たちは、規制の多いクラシック界できちんと仕事をした上で、自分の個性をピカピカに発揮させました。すごい技術に個性が加われば文句なしで。。。。本当に頼もしい若者たちでした。
 
すごいものを見せてもらった、この1週間。ものすごく元気が出てきました。

↓ポチお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ