チェロとセミリタイア生活

趣味のチェロとか お気に入りとか日々の発見とかアラ還女の視線でお届けします

新聞初掲載

地方新聞の読者投稿欄に私の文が載りました。何もかも初めての体験です。

〇〇の秋
と、内容が指定されていたので
最近思ったことを書いてメールで送ってみました。
500字程度と書いてあるので510字くらいで送ってみました。
文を直すことがあると書いてありましたが、
確かに。題名も変わっていました(笑)
でも、最初に私がつけた題名より、わかりやすくて良い題名です。流石プロ。
中身も原本と比較してみると、ちょこちょこと変わっていました。
直されたところを見ると、なるほどなぁと思います。500文字の間に同じことを繰り返していたり、表現がわかりにくかったり。見事に直っていました。
簡潔に直してもらって、掲載してもらって。無料とは、なんとありがたいこと。
得難い経験でした。
掲載のお知らせのメールもきていました。
またどうぞと書いてあったので。
また送ろうと思います。

朝刊を夫に見せたら「おー同姓同名だなぁ」と言われて、新聞を返されました(笑)確かに投稿したことは言っていなかったけど。。(笑)
「これ、私の文」と言ってまた渡すと
「へ?」と言ってまた読んで。
「ふーん」と言って返されました。
あまりに突然で言葉を失ったって感じでしょうか。。
ちょうど私の誕生日で。
ステキなプレゼントをいただきました。

記念なので文章載せさせていただきます。

久しぶりの書店 わくわく

この秋、本をインターネット通販で買おうとしましたが、「中身を確認してから買いたい」と思い、本屋さんに行きました。目的の本をパラパラめくると、想像通り面白い本でした。買おうと思いながらふと書棚に目をやると、面白そうな本がたくさん並んでいました。その瞬間、「あれも読みたい」「あっ、これも」とわくわく。久しぶりの感覚でした。
17年前、子供が生まれるまではいつも読書を満喫していました。でも子育てをするようになると世界が激変。絵本を読む時間はありましたが、自分の読書の時間はありませんでした。いつしか本を読んでいた感覚すら忘れてしまいました。
子供が成長して時間ができても、本屋さんでゆっくり本を探す楽しさや、読みたい本を見つけ出したわくわく感はなかなか戻りましたませんでした。
書棚を見たその瞬間、忘れていたものを次々と思い出しました。読みたいと言う思いも、たくさん本があってワクワクする思いも、どんどん膨らんできました。やっと「読書の秋」が戻ってきました。

↓ポチお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ