チェロとセミリタイア生活

趣味のチェロとか お気に入りとか日々の発見とかアラ還女の視線でお届けします

ウチの周りの高齢事情

七月に近所の個人病院に母のワクチンの付き添いで行きました。普段の病院通いは、母1人で行っていますが、さすがにワクチンは付き添いが必要だろうと、ついていきました。
高齢者対象のワクチンでしたので、待合室は高齢者とその付き添い。
みなさん、慣れ親しんでる病院だからか物凄くリラックスしています(笑)
そして声が大きい。。
耳が遠いから仕方ないのですが
そして、話が素っ頓狂すぎて面白い。
たまに聞くのは、そして客観的に聞くのは面白いんですけど。
そばでこれ一日中はちょっと辛いかもと思いました。

私の母は、86歳。同じマンションの斜め下に住んでいます。私が住んでいるところに10年ほど前に引っ越してきて、今も一人暮らしをしています。
父はもう30年以上まえに亡くなりましたので未亡人歴はプロに近いのではないでしょうか?未亡人になって元気が無かったのは、一年も無かったような気がします。それが過ぎると、生き生きしていて遊び回りだしました。

穏やかそうに見えますが、自分のペースで進みたいという点は絶対に譲らず。
でもその為に家族はもちろん色んなところに迷惑をかけているのですが、すっとぼけたところと悪気のないところでどうにか周りに理解してもらえて(もちろん理解できない人も沢山います)友達にも恵まれて楽しんで暮らせています。

よる年並みに病気をもち、定期的に近くの個人病院に通っています。そろそろ付き添いが必要かとついて行ったことも何回かあるのですが、結構な抵抗に会い💦付き添いは断念。薬の管理だけをするようにしていました。薬の管理と言っても、薬のホルダーに朝の袋と夕の袋を一つずついれておいて、自分で持って行ってもらうだけです。
f:id:pokuchan:20211014182117j:plain
f:id:pokuchan:20211014182121j:plain
でも、母は持っていくのをよく忘れるので「薬もった?」と家族で声かけをしていますが。
それでも忘れます。
追っかけていって渡すべきなのでしょうが、それも大変と思い、忘れたら諦めることにしています。毎日のことだし、気楽にやっていこうと。

マンションは70世帯くらいあります。築25年。ぐるりと見渡すと老齢化がやってきています。住んでる人の老齢化もあるのですが、住んでる人の親御さん(大体お母さん)をこちらに呼んで一緒に暮らしてとか(我が家も同じ)もあり。。デイケアの車もよくきます。最近は、整形外科の送迎というのもあるらしく、リハビリしに行く方もいらっしゃいます。平均年齢80を超えてる防災委員会というのも何故か盛んで💦元気なお年寄りも多いです。植栽委員会というやはり高齢グループもありましたが、これは委員同士で喧嘩したとかで解散になったようです💦


母は、もともととぼけたところがあるので、少々ボケたことをやっても「まあいいか」と見過ごしてきていたのですが。
どうもそうはいかなくなりました。

かかりつけの個人病院から電話が来ました。ワクチン打ってくださったところです。
「娘さんの薬が欲しいと来られたのですが、娘さんもう長年通っていらっしゃらないので何の薬が欲しいのでしょうか?」

こちらは「???」で。

母の薬が切れたので病院に薬を貰って来てね。と伝えたのですが。
それが何故か「娘の薬を貰う」と言ったようです。
多分、母は「娘が薬を貰ってくるように言われたから薬をください。」と言ったつもりだったのでしょう。それを「娘薬を貰ってくるように言われたから薬をください。」と が→の に変えてしまい、話が全く変わり。正直、そのくらいは仕方ないと思うのです。もしかしたら病院の方の聞き間違いかもしれないし。。ただ、その後病院の方の「娘さんの薬ですか」と聞くと母は「そうです」と答えたとか。。で訳がわからなくなったと。。
病院も高齢者には慣れているから、今までの経験ふまえて危険だぞと電話してきたんだろうなぁ。。と思いながら、ともかく謝らなくてはと思い次の日病院に出向きました。
病院は
「話がもう通じなくなってきているし、フォローできない状態になっているので出来れば娘さんついてきてください。」
でした。「できれば」と言う言葉を入れてくださいましたが、私の耳には「是非是非」と聞こえました(笑)
まあ、予想通りで良かったです。
ご迷惑おかけしたことをお詫びして、次回からはついて参ります。ということで、終わりましたが。

母はまだ1人で色々歩き回っていますが。
確かに言うこと、やる事で???が増えてきています。
母の「大丈夫」と言う言葉と、私の「まあいいか」という甘えた心でそのままにしてきましたが。
そろそろこちらも心の準備をしなくてはいけなそうです。

還暦近いですが、私はまだ介護の経験がありません。
父も義理の父も介護することなくあっというまに亡くなりました。
義理母は物凄く元気ですが、88歳
子どものいない叔母も80歳
それぞれ、一筋縄ではいかない。
プライド高きオババたち。

私の中ではゴングが鳴りました。。

↓ポチお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ