チェロとセミリタイア生活

趣味のチェロとか お気に入りとか日々の発見とかアラ還女の視線でお届けします

不織布手作りマスク

f:id:pokuchan:20211010091024j:plain
マスクがない!とかでドラックストアの前に行列とかいうニュースもあったなぁ

我が家は使い捨てマスクは、なんかちょっとと思っていて。。
ついこの前まで布マスクで通していました。
布マスクもあれやこれや試して。
ユニクロのマスクが1番のお気に入りになって、愛用していましたけど。

どうも世の中は、不織布マスクじゃないと。。という雰囲気になってきて。
どうでも良い話ですけど、この不織布ってふしょくふって読むんですね。いつも適当に読んでました。
持病で通っている病院にユニクロのマスクして行ったら、「取り替えてください」と不織布マスク渡されたし。学校も布マスクの生徒はほとんどいないとかで、息子も「やっぱり使い捨てカメラの方が良い」と言ってきて。

不織布もキチンと密閉されているならわかるんだけど、ペラペラで空気抜けまくってるから、本当に効果あるの?と思うけど。

相手が嫌だというなら仕方ないし。。

不織布もストックしておくことにしました。
我が家の男達は見かけによらず(笑)肌が弱いので、肌に優しいという触れ込みのマスクを買ってみたけど


うさちゃんマスク
3R SYSTEMS(スリーアールシステム) ふわふわ うさちゃんマスク エアスルー不織布 使い捨て マスク ふわふわ 敏感肌に優しい 17.5cm×9.5cm 3層不織布マスク ソフト耳掛け うさちゃんパッケージ 個包装 35枚入り


オムツの素材で作っているので、肌に優しいらしい。確かに触りたくなるほどふわふわです。

まあ、これでよいかな?と思ってたんですが。

私的にはちょっとつまらない。
みんな口元白で。。。
ピンクとか黒とかもあるけど。
もうちょっとカラフルに遊びたいなぁと思っていたら。

みつけた。


横浜元町のペーパーナプキン屋さん
f:id:pokuchan:20211010090354j:plain


前を通ったら、
「不織布手作りマスクあります」
という、お知らせが。
「???」
と思って、入ってみると。

お店全部がペーパーナプキンで。
見事なペーパーナプキン専門店
f:id:pokuchan:20211010090420j:plain

その中で不織布のものをマスクに作り替えているらしい。

もちろんできたものは、高いです。
一枚500円とか。
この不織布は、厚手なので洗っても大丈夫なので繰り返し使えますが。
500円はいけません(笑)

で、自分で作る方法があって。
それで作ったのが最初の写真もの
ただし、これは見本で。。
(ホームページからお借りしました)

私が作ったのは
f:id:pokuchan:20211010091333j:plain

ちょっと形がバラバラですが💦
私は物凄く不器用で、こういう工作物は大の苦手なのですが。
店主のマダムが丁寧に作り方を教えてくださって、作れるように。

最初は試しに一種類と思っていたのが
楽しくなって、たびたび訪れるようになり
今や6種類のマスクを持つようになりました。

一種類のペーパーナプキンの袋(500円弱)から8個のマスクを作ることができます。
材料は、ペーパーナプキンとこれ。

f:id:pokuchan:20211010091833j:plain

マスクひとつ作るのに全部で70円くらいかかります。何回か洗って使えますので、ほどほどの値段じゃないでしょうか?

鼻の形にあわせられるノーズフィットもついています。

1つのマスクを作るのに5分くらいかな?

細い両面テープで形を固定します。
針や糸はいりません。
f:id:pokuchan:20211010093124j:plain


種類が増えてくると
洋服に合わせてみたりするように。

夏は煩わしくない柄でコーディネート
f:id:pokuchan:20211009131148j:plain

黒無地の服には華やかさが欲しくなってきて柄物のマスク
f:id:pokuchan:20211009131153j:plain

洋服の色に合わせてマスクもコーディネートできます。
f:id:pokuchan:20211009131201j:plain

1か月で8枚くらい消費しています。
2か月に一回の割合でお店に行って新しい柄を選びます。
不織布のペーパーナプキンは山ほどあって選ぶのが大変ですが。
お店の方にも手伝っていただいて、あーでもないこーでもないと悩むのはなかなか楽しい時間です。
悩む割に出費も少ないしね❤️
次回は12月。どんな柄を選ぼうかな。

↓ポチお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ