チェロとセミリタイア生活

趣味のチェロとか お気に入りとか日々の発見とかアラ還女の視線でお届けします

演奏中のトラブル

演奏中、弦が切れることもあるらしいですけど。。
細いバイオリンならわからなくもないのですが。チェロ で、切れるって、どうやったら切れるのか?

プロはものすごい力で楽器を弾いているからか。。
切れるらしい。。
しかもコンチェルトの最中にソリストが。

天才チェリストデュプレがドボコンの最中(3楽章に入ってすぐ)A線が切れたことがあります。1968年デュプレ23歳の時
映像が残っているのですが。

切れてすぐデュプレは、すくっと立ち上がり観客に弦を取り替えてくることを説明。堂々と1人で舞台から去っていく。。
夫で指揮者のバレンボイムは、ついて行くこと無く、残ってコンマスと喋ってて。。そのうち立ってるのに疲れたのか指揮台に座り込んでおしゃべり。

デュプレ戻ってくる。拍手。
何も無かったかのように、3楽章が始まる。
熱演。。

緊張ってことがないんでしょうか?
弦が切れて、うろたえるということもないのでしょうか?
指揮者(しかも夫)も心配することもなく何をのんびりしてるのか?(笑)
しかもこの時デュプレ23歳 バレンボイム27歳
すぐに、集中してもとのテンションに戻れるって。。ありえん。。
f:id:pokuchan:20210726163921j:plain
https://m.youtube.com/watch?time_continue=2&v=U_yxtaeFuEQ&feature=emb_title
↑ここポチ
29分くらいから

この演奏から3年後にデュプレは難病を発症し、その2年後に引退(28歳)42歳で短い生涯を終えます。なんとも残酷な話です。
夫のバレンボイムは、今も指揮者&ピアニストとして大活躍です。