チェロとセミリタイア生活

趣味のチェロとか お気に入りとか日々の発見とかアラ還女の視線でお届けします

今やってること②

個人レッスンは、月3回のペースでやっています。発表会の前は、4回にしていただくこともありますが。2回だとちょっと少ないし、4回だとちょっと忙しいので。このペースが1番ありがたいのです。

発表会は年に一回か多くて2回。

発表会といっても、大袈裟な発表会ではなく、

というか、もう少し華やかさもプラスすればよいのにーーー。と思うほどの淡々とした発表会です。

弾きます!終わりました!

って普段着を着た老若男女が(若くても30歳以上。。いや、40歳以上か?)次々と弾いておしまい(笑)

淡々としているから、続くのかもしれません。

友人に聞くと、他の先生は発表会は、あまりやってないようです。

「そんな発表会なんて嫌!」と友人達は口々に言います。

みな、オーケストラの団員で、弾くことが大好きな人たちですが。

マチュアオケの人たちは、団体で弾くのは楽しくて良いけど。1人で弾くのは抵抗があるようです。

実は私もそんな1人でした。でも発表会がないと曲もまとめられないし、練習もしっかりやらないし。。まあ、必要かな?程度に思い、やってました。1人でひく緊張感は、本当に憂鬱で。。オケならごまかせても、個人では全くごまかせませんからね。

しかし、今年の5月。コロナ化で一年かけてブラームスチェロソナタ1番を全曲弾きました。どう考えても、レベル的に追いつけない曲なのですが、先生から「ソナタは全曲ひいてなんぼです」と、さらっと言われ。。。もう必死に。。。普通に弾いて30分かかる曲です。

5分でも辛いのに30分!!

ありえないと思いながら、とにかく練習を重ねて本番を迎えました。

ライトが強すぎて、客席が全く見えなかったということが主な原因かもしれませんが。

ピアノに伴奏して貰って1人チェロを弾くことが。

本当に気持ちよくて。。。

くせになりそう。。。

と本気で思いました。(笑)

楽譜を追うだけで精一杯で、自分のテンポもなかなか示すことができず、リズムも、とにかく何もかも中途半端な出来の発表でしたが。

周りはそっちのけで、私は楽しくて。。

次はああしたい、こうしてみたい。。

と次々と欲望が出てきました。

はまった!ということでしょうか?

 

次は、ドボルザークのロンドをやる予定です。

恐ろしいハイポジとリズムを作ることが難しい曲です。

なんとか理想に近づいていきたいと。。

夢を描いているのですが。

なかなかですねぇ。